« 40インチ大画面DVD上映会 | トップページ | 排外主義の洪水と日・韓・中の背後でほくそえむアメリカ »

2012年8月21日 (火)

落雷・豪雨のなか、8・19伊方原発再稼働反対!松山集会に500人

 ストップ伊方原発再稼働、とめよう大飯原発 8・19松山行動in愛媛は、全国各地から500人が集り、今秋にも予想される、四国電力伊方原子力発電所の再稼働をストップさせる大衆的行動として成功しました。
 集会は広い松山城P101036530の堀之内にある公園に、黄色の横断幕やのぼり旗がたなびく中で、午前中の交流広場、ビデオ上映会のあと、13時から集会が行われました。まず最初に、黒田節子さん、木田節子さんら福島の女性たちが現地からの報告を行いました。続いて伊方訴訟にかかわってきた小林圭二さんのあいさつ途中で空が一気に曇りだして、やがて雷・豪雨となり、屋外集会を中断。ビデオ会場として確保していた美術館講堂にうつり集会を続行しました。地元八幡浜でずっと闘って来られた斉間淳子さんからのアピールのあと、各地からの1分間スピーチがつづきました。

P1010369_31

予定されていたデモ行進は中止になりましたが、そのあと公園内をデモ行進し、県庁前の抗議行動を行いました。
 集会には地元愛媛の各地や、四国各地、さらに九州・中国・関西・北陸・関東からだけでなく、北海道の泊原発の再稼働に反対するグループも参加しており、再稼働阻止の闘いを全国が連携して闘うことを確認できる集会でした。
 夜は各地からの参加者で交流会が持たれ、また22日には多くの参加者が松山から車で1時間半のところにある伊方原発のゲート前まで行き、あらためて今秋の伊方原発再稼働阻止を誓いました。 P1010375_32_2

« 40インチ大画面DVD上映会 | トップページ | 排外主義の洪水と日・韓・中の背後でほくそえむアメリカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落雷・豪雨のなか、8・19伊方原発再稼働反対!松山集会に500人:

« 40インチ大画面DVD上映会 | トップページ | 排外主義の洪水と日・韓・中の背後でほくそえむアメリカ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村