« さよなら原発 3.11関西1万人行動 | トップページ | 学習コーナー »

2012年2月13日 (月)

尼崎労働福祉会館の存続を求めて

2月13日に労館の存続を求める会の運営委員会が開かれ、次の方針が決まりました。

2月20日の議会開会日に、議員への要請行動、議会傍聴=市長の施政方針演説、などを行います。9時に議会棟入り口に集合してください。

署名は現在6000を超えましたが、まだまだです。3月5日まで集めますので、これからも集めてください。

議会の最終山場は3月中旬になりますが、3月7日に運営委員会を開きます。18時半労働センターです。どなたでも参加できます。最終局面にむけた決起の場でもあります。多くの人の参加をお願いします。

« さよなら原発 3.11関西1万人行動 | トップページ | 学習コーナー »

コメント

廃館やむなしの意見がひとつも無いのに市は強行するつもりですね。
市長さんは何を考えてるのでしょう。
ずっと白井前市長、稲村市長に入れてきたのに。失望です・・・

もっと多くの市民派が立ち上がりましょう
一度は利用した人達や地域団体にも賛同する人は多いはず
建設的な意見をまとめて理ずめすべきです
究極リコール運動へなってもいいのでは!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/44104685

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎労働福祉会館の存続を求めて:

« さよなら原発 3.11関西1万人行動 | トップページ | 学習コーナー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ