2018年12月12日 (水)

沖縄現地情勢

現地情報続報。

 

はあい!○○です。

拡散よろしく。

9日から沖縄に入り、10()11()12()と辺野古キャンプシュアブ前で抗議行動に参加しました。

一日の搬入は朝9時、昼12時、15時の3回で、一回に入るトラック、コンクリートミキサー車が100台以上、1300以上が入ります。

積み荷は砕石、土砂、コンクリート、機材です。

 

行動は1回目、820分、2回目1120分、3回目1420分から座り込みます。

排除にかかる時間は15分から30分ぐらい。

今は人数が朝は50人、昼から100人、15時からは80人ぐらいでした。

200人集まれば1時間は搬入を遅らせることができる。

3日とも雨でした。

 

14日は晴れ模様!朝6時から座り込み、そして昼13時からカヌーが50(予定)出るので、浜で応援の抗議が行われます。

来れる人は何時からでも参加できます。

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

14日からの辺野古海上埋立の土砂搬入を許さない 13日、15時半からマルイ前で抗議行動

 

 12月14日(Img011_2)に辺野古の海に土砂が投入されます。それに抗議して、神戸市・兵庫県から私たちの仲間が地に行き闘っています。 

 13日(木)15時~16時半、神戸三宮マルイ前にて、抗議の声を上げます。ご都合が宜しければ、是非ご参加ください。当日、通行者に配布するチラシを添付します。
  
呼びかけ: 安保法制に反対する市民の集い   こわすな憲!いのちとくらし!市民デモHYOGO

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

統一地方選が始まっている

 既に統一地方選が始まっている。尼崎の元祖市民派の県会議員、さらにはオンブズで全国的にも名前の知れた丸尾牧さんが、危機感を持って次のように訴えている。

来年4月の統一地方選 全国で市民派議員が激減する可能性2018-12-11 20:19

来年は統一地方選の年です。全国で大政党に所属しない市民派議員が、議会の中で、1人で奮闘している事例が少なからずあります。情報公開や市民参加を求め、環境、福祉、教育など弱者の側に立って、市政や県政をチェックしています。

ところが、今回の統一地方選挙では、その市民派議員が激減する可能性があります。関西では、保守系市民派議員などが維新に議席を奪われ、リベラル系市民派議員は、立憲民主党に議席を奪われる可能性があります。

今の国政の状況を考えると、立憲民主党には、議席を増やしてもらい、国政の足場、基盤を強化して欲しいと思います。一方で、市民派議員も議席を確保しなければ、議会のチェック機能や提案機能等が大きく低下する恐れがあります。

ここ尼崎市でも同じ状況にあります。○○は大丈夫・・・。票を取っていくために、根拠の無い言葉が飛び交っています。

有権者の皆さんには、全体のバランスを見ながら、投票を考えていただきたいと思います。
 【ミニ解説】 兵庫県議選尼崎選挙区では定数7の所、新人も入れて9人の立候補が想定されている。国政野党(維新は国政与党)は現在共産党と丸尾さんの2名。7分の2というのはかつて革新勢力の強かった尼崎では情けない。で今回共産1と立憲1が名乗りを上げ、7人の所4人が当選すれば万々歳だが、そうはいかない所が選挙の厳しさだ。国政野党派が増えるには、既存のパイを奪い合うのではなく、ウイングを中道や右派にも広げ、安倍政治で良いのか、憲法を変えていいのか、身近な要求・願いを政治に反映させる「市民派」が必要なのではないか、などを大きく訴えていくことだと思う。
 国政野党4人の当選のため、運動を拡大し、切磋琢磨して行くことを訴えたい。

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

2018年12月11日 (火)

ウーマン村本が凄かったのはタブーの政治ネタだけじゃない、漫才全体で「平等とは何か」を訴え!

THE MANZAIウーマン村本が凄かったのはタブーの政治ネタだけじゃない、漫才全体で「平等とは何か」を訴え!

THE MANZAIウーマン村本が凄かったのはタブーの政治ネタを扱っただけじゃない、漫才全体が新自由主義的価値観の批判に!の画像1
ウーマンラッシュアワーが出演した12月9日放送『THE MANZAI2018』(フジテレビ)

 ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、またやってくれた。昨晩放送された『THE MANZAI』(フジテレビ)のことだ。

 村本の話題については本サイトでも何度も取り上げてきたが、自身のTwitterをはじめ、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)『AbemaPrime』(AbemaTV)などで政権への批判をおこなってはネトウヨや右派論客から一斉攻撃を受け、しかし、それでも屈することなく発言しつづけている芸人だ。

 そして、昨年の『THE MANZAI』では、原発や沖縄米軍基地問題など怒涛の政治批判を自らの高速マシンガントークに乗せて繰り出し、見事に漫才に昇華してみせて大きな話題となった(詳しくは過去記事参照→「ウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI』で怒涛の政治批判連発! 原発、沖縄基地問題、コメンテーター芸人への皮肉も」)。

 しかし、今年は昨年のネタよりも一段ハイレベルなものへと進化させており、ただ一言、すごかった。

すでにさまざまなメディアで話題となっているが、あらためて、ウーマンラッシュアワーの漫才を紹介しよう。

  村本はまずいきなり、「最近ねえ、芸人がですねえ、けっこう政治とか、社会問題とかね、けっこう発言する芸人が多い」「たいして勉強もしない芸人がね、社会問題とか政治について語るやんか」と日頃自らに向けられる批判を自虐のように切り出し、「社会問題とか政治について語る芸人のこと、どう思う?」と相方の中川パラダイスに問いかける。

中川「いや、そうなんですよ。芸人は社会問題なんて、一切触れなくていいんですよ! ほっといたらいいんですよ!」

 すると、村本は「でも僕はね、社会で起きてる問題を無視したくはないなって思うんですよ」「今世界中ではいろんな問題があって、たくさんの人たちが涙を流しています。僕はお笑い芸人という立場で、誰も邪魔できない漫才で、そういう問題に触れていけたらなって、僕は思うんです」と宣言。「社会問題なんてほっとけばいいと言いました。関係ないと言いました。真っ先に、目先の笑い、目先の好感度、目先の金のためならば、平気で立場の弱い人たちを無視できる最低な芸人」と自分への批判の反論、さらには空気ばかり読んでいる多くの芸人たちを皮肉るような切り返しをみせ、漫才の中に「社会問題」をどんどん打ち込んでいったのだ。

 とくに凄まじかったのは、ネタの終盤「生産性とは何でしょうか」と、杉田水脈衆院議員の“生産性”発言を意識した問いかけをおこなってからだ。村本は息もつかせぬ電光石火の“独演”を展開する。

「子どもをいっぱいつくることでしょうか。いっぱい働いて経済を回すことでしょうか。僕は違うと思う。お互いがお互いの居場所を生産し合う。居場所をつくることだと僕は思うんですね」

 村本は「この社会は本当に不寛容」だと言い、ここから超高速のマシンガントークがはじまる。

「たとえばLGBTの人たちが、自分たちがゲイだとかレズだとか言うときにカミングアウトという言葉を使うんですね。自分が自分だと普通のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせてる、この社会こそが僕は普通じゃないと思うんですね」

「たとえば、沖縄に、日本にある米軍基地の約70%以上が集約されています。そしてまた辺野古というところに新しくつくられようとしている。そして石垣島のほうにもですね、自衛隊の基地がつくられようとしている。沖縄の海って誰のもんですか? 日本のものなのか、アメリカのものなのか。僕は違うと思う。沖縄県民のものなんですよ。だからこそ、いまこそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべきだと僕は思うんですね」

「シリアのジャーナリストの安田さんという方が英雄だとか自己責任だとか言われてますけど、いまこそシリアの悲惨な状況に僕は目を傾けるべきだと僕は思うんですよ」

「BTSが、原爆のTシャツを着てて、いろいろありましたけど、被爆者の気持ちを考えろって言うんであれば、いまこそ被爆者の方々の声に耳を傾けるべきだと僕は思う」

「『日本は平和だから、そんな社会的なこと言わなくていい』って言う人がたまにいる。僕は平和じゃないと思う。平和なところしか見ない人ばっかりの話で、平和じゃないとこたくさんある。ニュースになってないだけで、被災地はまだまだ大変で、朝鮮学校の生徒さんは無償化を求めて一生懸命、寒いときにビラ配りとかやってるわけ

「電気を当たり前に使うけども、原発の危険性については考えず、原発の危険性について考えるけど、原発がなくなった後の地域の経済については考えない」

「水道が民営化になる。政治家は簡単に通す。でも国民はそれに対して無関心。みんな見たくないものを見たくないだけで、本当に見るべきものがたくさん僕はあると思うんですね」

LGBT差別、沖縄基地問題、朝鮮学校無償化問題までをお笑い番組で取り上げた村本

 性的マイノリティをめぐる差別、基地問題で沖縄の民意を無視する政府、安田純平氏に自己責任を叫ぶ一方で目が向けられないシリア情勢、BTSの原爆Tシャツ問題を槍玉に挙げながら被爆者を蔑ろにする政府や極右たち、朝鮮学校の授業料無償化が不当に認められない現状、水道民営化法案をゴリ押す安倍政権と無関心な国民──。時間にして約2分間、「弱者の声を聴け」という村本の叫びが炸裂したのである。

 この「ド正論」は、普段、日本の報道・情報番組が無視したり、政権からの圧力に晒されることを恐れ、追及することを放棄している問題ばかりだ。なかでも朝鮮学校無償化問題はネトウヨたちからもっとも攻撃のターゲットにされる話題。こうした問題を、ゴールデンタイムのお笑い番組で「漫才」として、村本は視聴者に剛速球で放り込んだのだ。

 この真っ向勝負に、ネット上では〈芸能人がテレビで突っ込まない日本の異常なところかなり突っ込んでてすごく感動した…圧力に負けないその根性、心からリスペクトです…〉〈しょうもないことで笑うのもいいけど、村本さんがやっている漫才は日本中の芸人集めても彼にしかできない〉などと称賛の声があがった。さらに、玉城デニー・沖縄県知事も〈磨いて、晒して、発した語力。中身も、表現も、プロの実力〉と賛辞を送った。

 実際、今回の漫才がすごかったのは、テレビが報じない・追及しない問題をネタとして取り込んだというだけではない。特筆すべきは、漫才全体が強者の権益保護と弱者排除をどんどん強めているいまの日本社会と新自由主義的価値観への批評になっており、しかも、それがお笑いとして成立していたということだ。

つづきはリテラで

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

兵庫での野党統一候補に向けて、連帯兵庫みなせんフル稼働へ

 連帯兵庫みなせんです。

 いつもご支援、ご協力ありがとうございます。

 本日10日で臨時国会が終わりました。

 これまでにも増して、安倍政権と与党の傍若無人の専横、暴走が際立った国会でした。

 アベ改憲の提案は先送りになりましたが、外国人の受け入れを拡大する法案や水道事業の民営化法案、漁業への企業参入を広げる法案など、政権と与党のごり押し、採決強行、国会運営の慣行を無視した、文字通り「立憲主義」を蹂躙する連続でした。

 さて、政治は年明け以降、参院選へ向けての動きが加速してきます。

 野党6党・会派は一人区での候補者一本化は確認していますが、複数区での候補者調整には否定的な考え方を示したままです。

Img009

前回2016年の選挙で野党候補者の共倒れで、兵庫選挙区では野党の参院議席を失った手痛い教訓を踏まえて、連帯兵庫みなせんは今年3月に再々出発するにあたって、次期参院選での「野党議席奪還」を基本方針に掲げました。

 野党6党の県組織代表者らとの協議も再開しましたが、独自候補を擁立する政党はいずれも「複数区での調整は困難」としています。

 選挙における党勢拡大を至上命題とする“政党の論理”は理解しますが、このままでは再び野党共倒れの悪夢を招来しかねないという危機感から、何としても議席奪還を図ることを最優先するため、野党各党の中央にも「兵庫選挙区での統一候補実現」を働きかけていくことになりました。

 添付した「アピール」は、野党各党に英断を促すとともに、広範な市民と市民団体が賛同する声を野党中枢部に届けるために採択しました。

 すでに、11月24日の第12回市民と野党の協議で野党各党の県組織には提案しましたが、臨時国会の終了を待って各党本部代表へも届けたいと思います。

Img010

 併せて皆様には、添付の賛同署名へのご協力をお願いします。

 賛同署名は「団体署名」を主にしますが、並行して「個人署名」も行いますので、ご協力よろしくお願いします。

 なお、連帯兵庫みなせんのHPは、昨年10月の衆院選後止まったままになっていましたが、このほど再開しました。

 再開に合わせてサイトとページ内容も一新しました。

 まだ、一部は工事中ですが、順次従来のデータもアップしていますので、ご活用ください。

 新しいURLは以下の通りです。

 

https://minasen-hyogo.com/

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

外国人安値こきつかい法、水道外資売り飛ばし法の恩恵は竹中平蔵に!

1400  ろくろく審議しないうちに安倍政権が強行採決した2大悪法、入管改悪法と水道民営化法のいずれにもあの悪代官大物の竹中平蔵の利権が絡んでいるという。やっぱり! 外国人労働者を劣悪な条件でこき使い、人権も無視して、家族呼び寄せもできない状態に追い込む現状への歯止めも、賃金アップも約束されず、細かいことは今後決めるとしか言わない入管法改悪を急いで成立させた裏には、やっぱり竹中平蔵のプランで動かされていたらしい。
 また竹中は、水道民営化で外資による水道経営奪い取りに奔走するヴェオリア社と密接な関係があると日刊ゲンダイがすっぱ抜いた。
  巨大な銭ゲバ竹中が厖大な利益を上げ、それを安倍政権に還流させる構造が丸見えだ。
一日も早い政権交代でこれらの悪法を廃止しなければならない。詳しくは日刊ゲンダイを読んでいただきたい。
それにしてもほんまに嫌な顔だ。

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

2018年12月10日 (月)

12月伊丹市議会、放課後児童クラブ、伊丹市は「現行水準」を守っていく、という答弁

12月6日の質問で、

児童福祉法改正案が成立し、放課後児童クラブの職員体制を自治体が柔軟に決めてよい、となっても、伊丹市は「現行水準」を守っていく、という答弁を得ました。

 

 

《質問要旨》

先日、「放課後児童クラブについて、厚労省が職員基準を事実上、撤廃する方針」であり、「来年の通常国会に児童福祉法の改正案を提出予定」と報道されている。

2015年に施行された現行基準は、子どもの安全を確保する「最低ライン」

1教室に「児童支援員」を2人以上配置、うち1人は保育士や社会福祉士などの有資格者、かつ都道府県の研修を受けることなどが定められている。

改正案は拘束力のない「参考基準」に変更し、自治体が職員配置数や資格要件、研修内容などを決めてよい、とするもの。

少なくとも「現行水準を確保」すべきだと考えるが、市の見解を問う。

《答弁要旨》

児童くらぶは、年齢や発達の状況が異なる児童が入所する。

安全面に配慮しながら保育して継続的に育成支援をおこなう必要がある。

保護者や学校と連携して保育を実施するため指導員にも高い能力・見識が求められる。

本市は1教室に2名ずつ保育士または教員免許をもつ嘱託指導員を配置しており、国の基準より手厚い配置になっている。

また多人数加配や支援児加配の指導員など、必要な体制を確保している。今後も子どもたちが安心して過ごせる生活の場として現行水準の確保をしていく。

 

伊丹市立児童くらぶについて

 

伊丹市立児童くらぶ・指導員募集

放課後児童クラブは、市内1500名を超える子どもにとって、放課後の貴重な居場所です。

職員確保や待遇の改善、施設整備など難題山積ですが、市の姿勢を評価するとともに、今後も応援していきます。~おおつる求ブログより

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

「ひも付き学者」・「ひも付きジャーナリスト」に自民党山口県連(かの杉田水脈の県連)から多額の金

 

三浦瑠麗に自民党山口県連から「54万円」、党本部の8万円とは別に高額講師料が! 田崎史郎にも計38万円

三浦瑠麗に自民党山口県連から「54万円」、党本部の8万円とは別に高額講師料が! 田崎史郎にも計38万円の画像1
テレビ朝日『朝まで生テレビ!』(18年11月30日放送)

 いきなりだが、記事を訂正しなければならない。先日、本サイトでは、「田崎史郎だけでなく三浦瑠麗らにも自民党本部から金が!」と題した記事を配信。2017年分の政治資金収支報告書において、自民党が「遊説及び旅費交通費」の名目で、国際政治学者の三浦瑠麗氏に8万7580円を支出していた事実を指摘した。

 この記事をめぐっては、安倍応援団や三浦瑠麗ファンから「ただの交通費ではないか」「たったの8万円で何を言いがかりをつけているのか」などという批判も寄せられていたのだが、さらに調べてみると、自由民主党本部から三浦氏に払われた金額は8万円だけではなかった。

 先日の記事で指摘した8万7580円は、自民党本部から昨年11月9日に「遊説及び旅費交通費」として支出されていたもの。ところが、自民党本部ではなく地方支部連合会の2017年分政治資金収支報告書を閲覧してみると、安倍首相のお膝元でもある自由民主党山口県支部連合会が、「政治資金パーティー開催事業費」として、こんな支出項目を掲載していたのだ。

〈講師料 540,000 (株)山猫総合研究所〉

 この「山猫総合研究所」というのは、三浦氏とその夫が代表取締役を務めている会社だ。日付は、自民党本部から8万7580円の支出のあった約一週間後、11月15日である。

 つまり、三浦氏は自民党本部からの8万7580円とは別に、自民党山口県連から54万円の支払いを受けていたというわけだ。合計すると、合計62万7580円である。

 一体これは何の金なのか。三浦氏はこの54万円の支払いの少し前、10月29日に自民党山口県連が主催した「政経セミナー」で講演会をおこなっていた。前述したように、山口県連といえば安倍首相のお膝元。セミナーには、安倍首相の弟で県連会長の岸信夫衆院議員や、三浦氏が共著を出版している高村正彦元副総裁の息子である高村正大衆院議員、安倍首相の子飼いとして有名な江島潔参院議員、林芳正文科相(当時)らがずらりと顔を揃えていた。

 今回、判明した山口県連からの54万円はこのセミナーの講師料であり、一方先に指摘した本部からの8万7580円はその旅費だったという可能性が高い。

 しかし、だとしたら驚くのはその金額の高さだ。全国紙政治部記者もこう首をひねる。

「政治評論家や政治ジャーナリストが政治家や政党のセミナーに招かれることはよくありますが、国民の目があるので、表向きの講演料は、通常より低く抑えるというのが慣例になっている。自民党で交通費プラス10万円から20万円が相場、野党だと 3〜5万円程度、あるいは交通費のみで講師料はゼロというケースも少なくない。それが三浦氏のような若手学者で54万円とはちょっと驚きの金額ですね」

 だが、こうした高額講演料は三浦氏だけではない。安倍応援団コメンテーター・田崎史郎氏にも同様の自民党からの支出が浮かび上がった。

田崎史郎には2017年に計38万円、2016年に計43万円の支払い

 本サイトは、田崎氏についても三浦氏と同じく、昨年11月9日に自民党本部が「遊説及び旅費交通費」の名目で8万3780円を支出していたことを報じた。
 
 ところが、自民党宮崎県支部連合会の政治資金収支報告書を確認すると、こちらでは10月24日に「政治資金パーティー開催事業費」の「講師料」として、田崎氏に30万円が支出されていた。自民党本部からの支出と合計すると、38万3780円である。

 田崎氏は9月23日に自民党宮崎県支部連合会が主催の「政経セミナー」で講演をおこなっている。田崎氏が受け取ったのはこの講演のギャラであり、講演料30万円は宮崎県連から、旅費交通費8万3780円は本部から支払われたということではないだろうか。

 さらに田崎氏の場合、2016年分の収支報告書でも、同様の構図の支払いがあった。2016年5月9日に自民党本部が6万8980円を田崎氏に支出しているのだが、その少し前、同年4月25日に自民党鳥取県連が、「組織活動費(青年部・局対策費)」の「合同大会講演料」として18万340円、「組織活動費(女性局活動費)」の「合同大会講演料」としても同じく18万340円をともに支出していた。田崎氏は4月24日に開かれた自民党鳥取県支部連合会の青年部・青年局・女性局・合同大会で講師として講演しており、これも合計42万9660円が旅費と講師料が別々に支払われたということだろう。

 それにしても、自民党はなぜ、1回の講演について、旅費を本部から、講師料を県連から、というような複雑な支払い方をしているのか。この点について、事実確認も含めて自民党本部に電話およびFAXで問い合わせたが、回答締切日から丸1日以上待たされた挙句、「インターネットの独立系報道メディアからの取材への対応につきましては、検討中につき、今回は回答を差し控えさせていただきます」(会計課担当者)と取材拒否だった。
 
 党総裁である安倍首相が『真相深入り! 虎ノ門ニュース』や『言論テレビ』などの“ネット独立系報道メディア”に嬉々として出演しているのに、一体何を言っているのだろう。それとも、何か答えられない理由があるのか。

音喜多駿に代表される「単なる講演料」という意見の意識の低さ

 それはともかく、昨年分だけで、三浦氏に約63万円、田崎氏に約38万円が自民党から支払われていたことは、紛れもない事実である。前回記事を配信した際には、冒頭で指摘したように、安倍応援団や三浦瑠麗ファンから「ただの交通費ではないか」「たったの8万円で何をいいがかりをつけているのか」などという批判が寄せられていた。また、音喜多駿・東京都議会議員も記事をリツイートするかたちで〈どう考えても、単なる講演料でしょう…。なんでもかんでも言いがかりをつければよいというものではありません。あ、安すぎる金額で引き受けている!癒着だ!という高度な批判なのか??〉と投稿していた。彼らは、この金額でも「たんなる講演料への言いがかり」「たったの63万円でガタガタ言うな」と言うのだろうか。

 しかも、問題は金額の多寡ではない。前回記事でも書いたが、音喜多議員のように理解していない意識の低い政治家もいるようなので再度言及しておこう。本サイトが問題にしているのは、三浦氏や田崎氏が自民党の講演会を引き受け、その結果、金を受け取る一方で、テレビに出演しては安倍政権への露骨な擁護を繰り返してきたという姿勢についてだ。

 三浦氏や田崎氏が学者やジャーナリストとしてテレビに登場し、コメンテーターとして発言する行為は、社会に多大な影響を与えている。だが、安保法制や共謀罪といった嘘や矛盾、問題点が噴出した法案審議や、政治の私物化が露わとなった森友・加計問題などについて、三浦氏は政権側にひと言申したフリをしつつも最終的には安倍政権を肯定する発言をおこない、田崎氏にいたっては共演者から“政権の代弁者”と認定されるほどにあからさまな“安倍官邸のスポークスマン”として立ち回ってきた(詳しくは前回記事を参照「田崎史郎だけでなく三浦瑠麗らにも自民党本部から金が! 2017年度の政治資金収支報告に支出記載」)。

 もし、三浦氏も田崎氏も、誰の目にもあきらかな安倍政権の問題について、批判すべきところでしっかり批判をおこなっているのであれば、話は別だ。しかし、三浦氏にしても田崎氏にしても、テレビで政権を擁護する発言を繰り返してきた。そうしたテレビ出演の裏で、自民党の政治資金パーティで講演をおこなっているというのであれば、その言論に疑問符がつくのは当然の話だ。しかも、三浦氏が講演をおこなった山口県連の「政経セミナー」はこの1回で4837万円、田崎氏が講演した鳥取県連の「政経セミナー」もこれだけで2392万円もの政治資金を集めている。ようするに、自民党のカネ集めに協力したかたちになっているのだ。

 さらに、今回、二人については、高額のギャラをもらっていたことが判明した。これはもはや“ビジネス”と呼ぶのに十分な金額であり、この報酬が政治評論に影響を与える可能性を指摘されてもやむを得ないだろう。

 実際、地位や利権、情報などのおいしい餌を与えて味方を増やしていくやり方こそ、安倍首相の常套手段である。それは、お金だけではない。田崎氏は“スシロー”と呼ばれるほどに安倍首相と会食を重ねる“アベ友”であり、三浦氏も会食のほか、今年には安倍首相が開催する「安全保障と防衛力に関する懇談会」の有識者メンバーにも抜擢された。こうして政権批判がしづらい“ズブズブの関係”はつくり上げられていくのではないか。

 学者や政治ジャーナリスト、評論家という肩書きの者たちが嬉々として権力者との会食や政府系の会議に馳せ参じ、政権与党から講演料として平気でカネを受け取り、そして、そういう連中こそが、コメンテーターとしてメディアで重宝されている。こんな状況を許していたら、それこそ権力チェックなどできるはずがないだろう。

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

少し訂正も含め、1月末までの全スケジュール

当面の行動日程(阪神センター掌握分)

毎週土曜日 13時 辺野古神戸行動 三宮マルイ  15時半 辺野古大阪行動 JR大阪駅南  

毎週金曜日 関電包囲行動 大阪本店前など  水曜日「慰安婦」行動 大阪=ヨドバシ前など 

毎週木曜日 市民の集い・市民デモ定例街頭宣伝行動 15時~16時半 三宮マルイ前   

3000万署名 9の日Img002 17JR立花南  19の日 11時 阪急園田  17時半 JR尼崎北

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日 12時 JR大阪駅南 

斜字は実行委等 太字は強調 ◇は阪神間 ◎○市民デモHYOGO ◆選挙・政党関連 ▼沖縄

1210日(月)  憲法懇談会&国民投票法勉強会 18時半 神戸市婦人会館(「高速神戸」北3分) 講演:松山秀樹弁護士

        1210日(月) 『沖縄スパイ戦史』上映会 1845分 エルおおさか南館5Fホール(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

        1211日(火) 山田編集長の不当逮捕、控訴審判決 14時、大阪高裁正門前に集合 全員で集会 15時~201号法廷で判決

          1214日(金)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 稲葉公園プラザ(JR「須磨海浜公園」北東5分)

1215日(土) 宝塚の平和と人権を考える会講座 13時 ぷらざこむ1(阪急「売布神社」東南5分) お話し:西澤慎 「満州で生まれて」 ミニコンサート、ほか 


1215日(土) 湯浅誠反貧困講演会&映画会 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4
          
分)

1216日(日) 第三師団申し入れ行動 10時半 第三師団西門  阪急伊丹街宣 1115Img005

           1216日(日)  改憲反対市民フォーラム講演集会 14時 吹田市民会館(阪急「吹田」
 
西1分) 講演:文京洙さん(立命館大特命教授)

           ◇1219日(水) 新聞日 阪神センター忘年会  18時半 阪神センター(阪急「塚口」南8分) 会費1000
 

           1220日(木)  市東さんの農地裁判・請求異議審判決 千葉地裁

           ◇1220日(木) 北上あきひと後援会集会 18時半 アステホール(阪急「川西能勢口」南1分、JR「川西池田」北東5分)講演:福島瑞穂 あいさつ:五島昌子 中川智子 弘川欣絵 ほか

           1222日(土)、23日(日)『デニーが勝った!』上映会   10時半と14時、神戸市中央区元町通4丁目の元町映画(078・366・2636)2階イベントルーム

                      ◇1222日(土) 連続市民講座⑤ 大介護時代を考える 14時 アステ川西・ルーム1(阪急「川西能勢口」南1分、JR「川西池田」北東5分)

1222日(土) 9条の会かわにし憲法漫談 14時 川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分、JR「川西池田」北東5分)

◇◆1222日(土) 弘川よしえ応援団みんな集まれ!集会 18時 園田地区会館(阪急「園田」北西7分)

1223日(日・休) 吉岡・永井・松田・宗像・井田さんを偲ぶ会 14時 PLP会館(JR「天満」南6分) 会費3000

1223日(日) 「朝鮮半島の非核化と平和を考える」平和・学習講演会 18時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」西南5分、阪神「西宮」東7分) 講演:冨田宏治(関学大教授)

1226日(水) 511憲法フェスタ実行委員会 19時 伊丹商工プラザ(阪急「歌巳」北東5分)

201911日(火) 反弾圧元旦闘争

Img007

       16日(日) ロックアクション講演会 リーマンショックから10年 18時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

        17日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南東5分) 大正デモクラシー全般

111日(金) 尼崎地区労旗開き 18時半 リベル(阪神「出屋敷」北1分)

        112日(土)  市民デモHYOGO新春交流・討論会 15時 葺合文化センター(JR・地下鉄「新神戸」東南4分)

        113日(日)  被災地集会 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分) お話し:森松明希子(福島避難者) 歌:川口真由美(歌手)

        ◇118日(金)  前川喜平さん講演会 18時半 川西・アステホール(阪急「川西能勢口」南1分、JR「川西池田」北東5分)

        118日(金)沖縄意見広告集会 18時 エルおおさか南館5階ホール(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

◆◇119日(土) 弘川よしえキックオフ集会 18時 尼崎総合センター玉翔の間(阪神「尼崎」北東5分) 

119日(土)~22日(火) 沖縄意見広告運動全国キャラバン・沖縄

◆◇119日(土) 北上哲仁サポーターズ新春の集い 12時半 川西・アステホール(阪急「川西能勢口」南1分、JR「川西池田」北東5分) 2500

119日(土)  新社会党県本部旗開き 18時 兵庫県民会館(JR・阪神「元町」北5分)

         新社会党講演会 15時 ひょうご共済会館(JR・阪神「元町」北10分) 
講演:大内裕和(中京大学教授)

120日(日)  社民党県連旗開き 12時 東天紅(阪急「神戸三宮」南3分) 5000

120日(日)  関実旗開き 17時 神戸青年学生センター(阪急「六甲」北東3分)

◆◇126日(土) 連続市民講座 野党と市民の共闘は19年選挙をどう闘うか 18時 西宮勤労会館第8会議室(JR「西ノ宮」西南5分、阪神「西宮」東7分)

127日(日)小柳ひさし後援会演芸大会 10時 武庫地区会館(阪急「武庫之荘」北西20分)

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

2018年12月 9日 (日)

県議会予定候補・弘川よしえさん、まずまずの出発

Dsc_0044 尼崎市選挙区・兵庫県議会予定候補・弘川よしえ弁護士がいよいよ始動した。これは水曜日の園田駅前の宣伝行動風景だ。憲法カフェと勝手が違うのではとの心配は無用で、この日も弾丸トークは健在だった。
 駆けつけた運動員志願者は4人。運動員大募集中なので積極的な参加を呼びかけたい。
さらなる飛躍が期待できそうだ。
 
それにしても元気にたたかう意欲のある若手女性を擁立した立憲民主党を少し見直した。このところ、意欲のあるDsc_0046_2女性・青年を袖にしたり、野党共闘を無視する事が相次いでいただけに・・・

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

«勝手に決めるな!議論が足りない!〜「入管法改定」強行採決に大抗議

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ