2017年12月15日 (金)

10.17 三浦俊一さん講演会迫る

 171217 差別と偏見が渦巻き、遭難して命からがらたどり着いた人たちをテロリスト扱いして射殺しかねない風潮があり、一般市民はもとより、リベラル・左翼すら差別と排外主義の片棒をしばしば担いでしまっている日本にいては真実が見えない。訪朝で朝鮮を少しは理解したいとの思いで、このたび朝鮮民主主義人民共和国を訪問された三浦俊一さんの講演会がいよいよ明後日17日に迫って来た。多数の集会や行動が重なっているのだが、気軽な会合なので一度お聞きになるよう勧めたい。場所は地下鉄谷町線四天王寺夕陽丘駅徒歩2分の天王寺区民センター。訪朝時の写真などのスライド映写もある。

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

2017年12月14日 (木)

広島高裁が画期的判決~原発(核)と人類は共存できない=当たり前の真実に金制正恩もトランプも安倍も目をそむけるな

四国電に想定外の衝撃=燃料費年420億円増―伊方原発の運転中止

12/13(水) 20:44配信    

    

時事通信

 広島高裁による四国電力伊方原発3号機(愛媛県、定期検査中)の運転差し止め命令は、再稼働をてこに収益改善を見込んでいた同社にとって想定外の衝撃だ。

 13日夕に東京都内で記者会見した東京支社の山野井勝弘副支社長は「裁判というリスクが顕在化してしまった」と肩を落とした。原発を保有する他の電力会社の類似訴訟にも影響を及ぼす可能性がある。

 四国唯一の原発である伊方原発(1~3号機)のうち、3号機(出力89万キロワット)は昨年8月に再稼働し、定期検査のため今年10月に停止した。今回の差し止め命令で、予定していた来年1月の発送電再開は絶望的となった。

 判決によると、運転停止期限は来年9月末。火力発電9基(計339万1000キロワット)の稼働率を引き上げることで電力供給に影響は出ない見通し。ただ、天然ガスや石炭を多用するため、年間の燃料費は最大420億円膨らむ。2017年3月期の連結営業利益(200億円)の2倍以上の規模だ。 

【関連記事】

北のミサイルより、今そこにある米軍基地の危険~授業中断、泣き出す子も=沖縄普天間第二小にヘリ窓落下

「逃げて」叫ぶ教師 あわや児童直撃 授業中断、泣き出す子も

12/14(木) 7:25配信    

    

沖縄タイムス

 授業中の子どもたちを空から重さ7・7キロの“凶器”が襲った。沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校運動場に13日、米軍のCH53E大型輸送ヘリの窓が落下。体育の授業を受けていた2年生と4年生計54人の児童からは十数メートルの距離だった。避難した後に泣き出す子も。あわや直撃の事態に直面した児童らはおびえた表情で「怖かった」と口をそろえた。迎えに駆け付けた保護者らは「信じられない」「基地をなくして」と恐怖と怒りをあらわにした。

【事故現場の見取り図】運動場の真ん中に落下した米軍ヘリの窓。当時、児童ら50人がいた

         
「パン」という音

 「避難して!」。午前10時すぎ、運動場で体育の授業をしていた教諭が笛を鳴らして叫んだ。児童らはすぐに校舎に駆け込んだ。

 ボール投げをしていた2年男子(8)は「パン」という音を聞いた直後、上空にヘリが3機飛んでいくのを見た。「風船が割れたような音だった」と振り返る。「落ちてきた四角い物が(運動場で)くるくる回っていた。先生が危ないから近づかないでと言ったから教室に逃げた。怖かった」と驚いた表情だった。

 「ガシャン」。体育の授業で鉄棒をしていた4年女子(10)は、運動場の中央から異様な音がして振り向いた。砂ぼこりが上がる中、「板のようなもの」が見えたという。空を見上げると、ヘリ3機が大きな音を立てて飛んでいた。「もしかして落ちてきたのと思った」という。

         
「警報が鳴った」

 教室にいた2年男子(8)は「先生に教室から出ないように言われた。警報が鳴っていた。不安になった」と恐怖を語る。泣いている同級生もいたという。米軍ヘリから落下したと聞き、「悲しくなった」と述べた。

 教室で授業を受けていた1年男子(7)は「運動場にいたお兄ちゃんたちが走って学校(校舎)に逃げるのを見た。とっても怖かった」と不安そうだった。

 4年男子(10)は教室で「ドン」という音を聞いた。「もし自分が外にいたらと思うとすごく怖い。ヘリも基地も何もかもなくなってほしい」と言葉少な。3年男子(9)は「保育園にも落ちたので本当にやめてほしいです」と訴えた。

 落下事故が起きたのは、多くの児童が運動場へ遊びに出る20分間の休み時間まであと10分というタイミングだった。大村朝永教頭は「少し遅かったら、たくさんの子どもがいたことになる」と顔をこわばらせる。「通常通りの学校生活に戻ることを願う」と話した。

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

アクセス数、70万を突破 12月20日には突破記念忘年会

 『社会運動情報・阪神』ブログのアクセス数が、本日早朝に70万を突破した。
 2011年秋に開始して、12から本格稼働、12年秋には関西大弾圧の渦中に叩き込まれ、2015年夏には今の南塚口に引っ越し。その年の7月に30万を突破したが、それから2年半弱で40万アクセスを計上し、70万を突破したわけだ。分野別ランキング「世直し社会変革」部門でも、並み居る強豪としのぎを削り合いながら3位をキープしている。平均すると1か月1万3千、1日444件くらいか。これもそれも読者の皆さんのおかげである。
 で、年の瀬も迫ったこともあり、70万件突破記念と2017年の総括をかけて、20日には阪神社会運動情報資料センターで忘年会を行う。某篤志家のカンパもあり、参加費は1人500円と可能という大判振る舞い(?)。19時から1時間半ほど食べ放題・飲み放題で大いに語り合いたい。もちろん持ち込みは大歓迎。
参加希望者は人数の制限がありますので、前日までに090-9213-5291まで連絡を。

132

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

 

2017年12月13日 (水)

【人民新聞弾圧】編集長をかえせ!神戸地検・生田署抗議行動

【人民新聞弾圧】編集長をかえせ!神戸地検・生田署抗議行動

約40名が参加、勾留中の部屋へ呼びかけ


12月12日、前日に本紙編集長を不当起訴した神戸地検に対する緊急抗議および身柄勾留中の兵庫県警生田署に対する抗議・本人への激励行動が取り組まれた。

生田署前にはきつい冷え込みのなか約40名が集まり、まず表側で弾圧の不当性に対して怒りのアピールを行った。そののち、勾留中の部屋に面している警察署裏手へ回り、順番にマイクを回して編集長への激励を行った。

解放されるまで、今後も継続的に抗議行動を行う予定である。(編集部)

抗議声明への賛同はこちらから(神戸地裁へ即時保釈要請として提出します)

編集長が勾留されていると思われる部屋。ここだけ暗幕が張られている。

警察官を前に立たせ、自分たちは奥に隠れる公安警察たち。

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

「触るな、けがれる」 辺野古抗議の市民に警官が発言

「触るな、けがれる」 辺野古抗議の市民に警官が発言 沖縄県警は「調査中」

12/13(水) 6:05配信    

    

沖縄タイムス

「触るな、けがれる」 辺野古抗議の市民に警官が発言 沖縄県警は「調査中」

 辺野古新基地建設への抗議行動に参加する男性(63)が12日、名護市安和の採石場前で男性警察官に「触るな、汚(けが)れる」と言われたと抗議した。別の警官と並んで歩き、肩に手を置きながら雑談していると、問題の警官が割って入って発言したという。県警は本紙の取材に対し「調査中」と回答した。

【動画】「どこつかんどんじゃボケ。土人がっ」大阪の機動隊員が沖縄で発言

 男性は「抗議の市民は汚れている、と下に見る警察内部の差別的な教育が表れている。『土人発言』と同じだ。権力を持ち、公平中正であるべき警官は自ら言動を戒めてほしい」と話した。

 男性らによると、この日は採石場前に市民約40人が集まり、基地建設用の石材を運び出すダンプに抗議していた。機動隊員が駆け付けて市民を規制し、ダンプが出発した後の午前11時前、問題の発言があったという。

 昨年、東村高江の抗議行動参加者に対して大阪府警の警官が「土人」「シナ人」と発言したことが問題になった。当時、県警の警官も「触らんで、気持ち悪いから」「何が善良な市民か」などと発言した。

【関連記事】
 

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

川田・有田両参議院議員が立憲合流へ

 Photo 立憲民主党へのなだれ現象がさらに加速してきた。川田龍平議員が入党の見込みと報道されていたが、今度は有田芳生議員が民進党を離党した。離党届がどう扱われるかを見てから判断するとの事であるが、多分、立憲民主党入りになるだろう。こうして筋の通った参議院議員が立憲民主党に増えるのは良い事だ。民進党や希望の党と合流など絶対にダメだ。沈没の第一歩になる。一日も早く地域組織を作り、1年半後の統一自治体選挙、1年7か月後の参議院選挙に備える事が不可欠である。それにしても有田議員は筋金入りだ。「調査無くして発言権なし」これは毛沢東主席の名言だった。昨年、自力で再選された反ヘイトの星☆有田議員の一層の活躍を祈りたい。

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

2017年12月12日 (火)

「明治百五十年」の真実を問う ①~『未来』236号

寄稿 「明治百五十年」の真実を問う ① 大庭伸介
琉球を隠れミノとした密貿易と農民収奪の上に実現した明治維新

  来年は明治元年から百五十年にあたる。政府は「明治維新の精神に学び、日本の強みを再認識する」と、さまざまな顕彰事業を計画している。マスメディアもそれに合わせて、近代日本の夜明け=大日本帝国の誕生をキャンペーンしようとしている。NHKの大河ドラマ『西郷どん』もその一つである。(3回連載)

  西郷隆盛の率いる薩摩藩は、幕府を倒し明治維新を実現する上で絶大な力を発揮した。戊辰戦争の皮切りになった鳥羽伏見の戦では、新政府軍5千人のうち約3千人が薩摩藩兵で、同藩の大砲が威力を発揮した。そして廃藩置県を断行するために新たに設けられた天皇直属の「御親兵」約8千人のほぼ半数が薩摩藩兵であった。
なぜ薩摩藩はとび抜けた兵力と、近代兵器を大量に備えることができたのか。同藩は加賀百万石に次ぐ表高七十七万八百石の大藩で、人口の4割にも及ぶ武士を抱えていた。それを支えたのは実高が百万石を大幅に上回る豊かな財力であった。
その理由のひとつは外城制度にあった。農村に住みついた藩士が農民を直接支配する仕組みである。農民は他藩よりはるかに重い年貢を取り立てられても、武士に文句一つ言えない監視と統制下にあった。だからこそ江戸時代を通じて薩摩藩では農民一揆が一件も起きていないのである。
  なお薩摩藩には浄土真宗の「隠れ門徒」がいた。室町時代から全国的に浄土真宗の信徒が急激に増え、自治共同体をつくって領主に対抗していた。薩摩藩は人びとのヨコのつながりを警戒して厳しく弾圧した。門徒たちは風雨の激しい夜、こっそりと山中の洞窟に集まって弥陀の称号を唱えていたのである。
二つ目の理由は、奄美・琉球諸島の農民にサトウキビ栽培を強制し、当時貴重品であった砂糖の独占販売で莫大な利益を上げたことである。子どもがサトウキビを一口なめただけで、家族全員が処刑される程、その収奪は過酷を極めた。耕作可能な土地はすべてサトウキビ畑に改めさせられたので、農民の生活は惨めそのものであった。
三つ目の、そして薩摩藩が裕福であった最大の理由は、琉球王朝を隠れミノにした密貿易にあった。1609年、薩摩の兵隊が突如琉球に上陸し全島を占領した。当時アジアや欧米の国々は琉球を独立国家として認めていた。薩摩藩は琉球王朝の名において中国との朝貢貿易や、他の国や地域との交易を従来にも増して活発におこなわせた。その利益を横取りするためである。薩摩藩の特産品の砂糖も琉球王朝に中国から精製技術を移入させたものである。
  幕府は鎖国政策をしき、長崎を通じて対外貿易を独占していたが、琉球を「外藩」と称して薩摩藩の密貿易を黙認していた。
西郷らの薩摩藩主導の倒幕=維新は、琉球を隠れミノにした密貿易と農民たちからの徹底した収奪の上に実現したわけである。

現在も続く「琉球捨て石」の考え方

  「日本(本土)の安全と利益のためには、外藩(外地=植民地)である琉球(沖縄)を捨て石にしてもかまわない」とする差別思考は、現在も辺野古新基地建設をはじめ、沖縄切り捨て政策として沖縄の人たちを苦しめている。
西郷が薩摩藩の農民支配の仕組みそのものや琉球を隠れミノにした密貿易について、異を唱えた事実は、私が読んだ文献・資料には見当たらない。
倒幕に成功した後、西郷は1873年、征韓論をめぐる政争に敗れ、故郷に帰った。そして鹿児島県を下級士族中心の軍事独裁体制に仕立て上げていった。「民を哀れむ西郷どん」と人望の厚かったはずの西郷は、彼に従う下級士族によって、農民たちを今までよりも一層厳しい支配下に置いたのである。
  だが西郷配下の者たちが、絶対主義的官僚専制国家をめざす大久保利通の挑発に乗り、西郷は大義名分のない西南戦争を起こして自決に追い込まれた。西南戦争は滅びゆく士族たちの絶望的暴発であり、全国の虐げられた民衆に訴えるべき何物もなかった。
むしろ西南戦争以降に本格化した自由民権運動こそ、日本の民衆にとって近代の始まりを意味する。自由民権運動は国会開設や地租軽減などの民衆的課題を掲げ、貧農層まで含む民衆的闘いであった。明治政府に対して全国各地で流血の闘いを展開し、国会開設を勝ち取った。

西郷の「靖国合祀」と英雄待望論

  西郷は彼の遺した「児孫のために美田を買わず」の言葉に見られるように、私心にとらわれないスケールの大きい英雄として、今も幅広い人気を誇っている。判官びいきも手伝って多くの人のナショナリズムに訴え、靖国神社への合祀が取り沙汰されてきた。
靖国神社には天皇(制政府)に反逆した者の霊は祀らない原則がある。しかし同神社の宮司は西郷の合祀について、「国が決めることである」と、受け入れる姿勢をほのめかせている。おそらく多くの人は西郷の靖国合祀を歓迎するだろう。政府のネライは、こうして天皇の靖国参拝のお膳立てを整えることにあるのではないだろうか。
  A級戦犯の合祀以降、昭和天皇も現天皇も靖国参拝を見合わせている。しかし靖国神社の最大の行事である春・秋の例大祭に天皇は欠かさず献金している。自民党は「自衛隊を憲法9条に明記する」と公約に掲げて、総選挙で大勝した。安倍内閣は改憲を一気に加速させて、戦争体制の完成に突き進んでいる。
  すでに自衛隊の首脳部は、年明けにも朝鮮民主主義人民共和国との戦争が起こりうると想定して、作戦準備を始めたと伝えられている。そうした事態になれば、当然予想される戦死者の靖国神社への合祀に、天皇の参拝は欠かせないだろう。
資本主義が“終りの始まり”を迎え、社会のあらゆる分野で解決不能の矛盾が噴出している。人びとの不安と不満が鬱積し、従来では考えられなかったような犯罪が頻発している。
日本を代表する巨大企業の不正が相次いで明らかにされている。政治家のスキャンダル暴露は日常茶飯事となり、今回の総選挙の結果も民意と大きく掛け離れたものであった。人びとの政治不信は増幅される一方である。
  こうした状況は英雄待望論を生みだす土壌である。すでに街の書店には西郷を賛美する本が多数横積みされている。西郷を主人公にした大河ドラマは歓迎され、一大ブームを起こすだろう。
  英雄待望論の次に来るものはファシズムの登場である。
  今展開されている沖縄闘争には“英雄”は存在しない。薩摩藩、日本政府そしてアメリカによって支配され、踏まれても蹴られても「あきらめなければ絶対に負けることはない」と闘い続ける沖縄の人たちの姿勢こそ、明治百五十年を迎える今、我々が共有すべき財産ではないだろうか。(つづく)
〔2017年12月1日〕

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

「核廃絶を願う地道な運動」がノーベル平和賞~レイバーネット日本

~ありがとうICAN!〜「核廃絶を願う地道な運動」がノーベル平和賞
今日(12/11)、ノーベル平和賞の受賞式があった。受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が講演の冒頭で述べた「構成する何千人もの人々を代表して、2017年のノーベル平和賞を受け取ることは大変な光栄です」という言葉を 感慨深く聞いた。先月、パリで開かれた第3回反核世界社会フォーラムでICANの活動をする人たちに誘われて、フランス防衛省の前での抗議行動に参加したからだ。朝早くまだ暗い(この時期フランスは8時過ぎてもまだ暗い)なかを早起きし、寒いのを我慢して出掛けた。彼らは私よりずっと早く来ていて、核兵器廃絶と書かれたバナ―を広げていた。私もお面をつけて、ボンジュールと登庁してくる防衛省の職員に声をかけた。日本の官僚と違って、職員は笑顔でボンジュールと返してくる。(根岸恵子)

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

『人民新聞』編集長の起訴を弾劾する!12日、神戸地検と生田署に抗議行動

弾圧に対する抗議声明へご賛同いただいたみなさまにお送りしています。~『人民新聞』編集部より

 

本日(12/11)午後、残念ながら当紙Y編集長は神戸地検により不当にも「詐欺罪」で起訴されてしまいました。

被害者不在の「事件」でどのような公判を行うのか、理解に苦しみます。

公安警察の言論弾圧・人権侵害にほかならず、怒りを持って弾劾します。

 

引き続き即時保釈をもとめて全力で救援活動を展開していきますので、ご注目・ご支援をよろしくお願いいたします。

 

12/12緊急抗議行動へ!

 

明日1212日(火)18時より神戸地検、19時より兵庫県警生田署に対して緊急抗議を行います。

前回の抗議行動では生田署内の編集長にも声がとどいたとのことなので、激励の声を届けたいと思います。

ぜひご参加をお願いします。

 

神戸地検地図

http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/kobe/page1000028.html

 

兵庫県警生田署(三ノ宮駅北徒歩5分)

https://goo.gl/maps/Gw4rsB2DX8t

 

★本人陳述全文

 

勾留理由開示公判での編集長の陳述書の全文を公開しています。お読みください。

https://jimmin.com/2017/12/09/statement-on-detention-reason-disclosure-trial

 

★救援カンパ

 

救援対策の弁護士費用、新聞業務の常態復旧などに多くの人手と費用がかかっており、引き続きカンパも受け付けています。

 

郵便振替口座:00940-5-333195

ゆうちょ銀行 〇九九店 当座 0333195

人民新聞社

※救援カンパの場合は、通信欄にその旨お書きください

 

★読者の拡大を!

 

人民新聞は一ヶ月無料で試読ができます。弾圧に負けず新聞発行を継続していきますので、この機会にぜひご検討ください。よろしければ周りの方々にも広めていただければ幸いです。

 

お申し込みはこちらから

https://jimmin.com/trial-for-free

 

【人民新聞社】

567-0815 大阪府茨木市竹橋町2-2-205

電話:072-697-8566 FAX072-697-8567

HPhttps://www.jimmin.com

メール:people@jimmin.com

twitter@jimminshimbun

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

«年末までの行動

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ