2022年5月25日 (水)

プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

公開日: 更新日:
プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天 日本人63人“ロシア出禁”基準はナゾだらけ プーチン大統領の狙いは?リスト入り教授に聞いた 岸田首相を悩ませる「3つのチン」…自民楽勝ムード漂う参院選に不安要素ジワジワ

 ロシア軍によるウクライナ侵攻開始からまもなく3カ月。想定外の長期戦で死傷兵や従軍拒否が増え、ロシア軍の兵士不足が深刻になっている。プーチン大統領は年配者や障害者まで戦場に送り、戦争を続けるつもりだ。政権を支えるエリート層は我慢の限界に達しつつある。

  ◇  ◇  ◇

 ロシア下院は20日、志願兵の上限年齢を撤廃する法案が提出されたと発表。現行の入隊はロシア人で18歳から40歳まで、外国人で18歳から30歳までが認められているが、年配者も可能にする。下院のウェブサイトはこう説明する。

〈上限年齢の撤廃によって、ロシア軍は年配の専門家の才能を活用することができる〉〈精密誘導兵器などを扱うには高度な専門家が必要。経験上、そのような専門家は40~45歳が多い〉〈また、民間の医療従事者やエンジニアなどのリクルートも容易になる〉

 理由をいろいろと挙げているが、つまるところ上限年齢の撤廃は兵士不足が原因とみられる。ロイターの報道によると、欧州の米陸軍元司令官ベン・ホッジス退役将軍は「明らかにロシアの人々は困っている。上限年齢撤廃は国内世論を刺激せずに、人手不足を解消しようとする新たな試みだが、クレムリンがウクライナでの失敗をごまかすのは難しくなっていく」と語ったという。国民はうすうす、戦況の行き詰まりを感じているのだ。

 ロシア軍の死者数について、ロシア国防省は3月25日の1351人を最後に更新していないが、ウクライナ側は約3万人が戦闘不能と主張している。

 英国防省の分析によると、侵攻開始以降、ロシア軍は兵力の3分の1を損失。戦力損耗率が30%を超えると軍隊として機能しなくなるとされる。「老兵」までかき集めなければ、戦争を続けられないのだ。

 ウクライナ保安庁のHPには片目しか見えなかったり、脳に障害があるロシア兵(捕虜)の証言が公開されている。兵士不足を解消しようと、プーチン大統領は障害者まで戦場に送り込んでいる可能性がある。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう言う。

「攻撃側のロシア軍は守る側の3倍の兵力が必要です。本来なら戦場へ送られることのない年配者や障害者まで動員せざるを得ないほどに兵士が足りないということです。この先も戦争が続けば、死傷兵や従軍拒否者は増えていきますが、兵士を補い続けることは不可能です。早晩、ロシア軍は後退を余儀なくされるでしょう」

エリート層は我慢の限界

約3万人が戦闘不能(装甲車両の上に乗るロシア兵=ウクライナ・マリウポリ)/(C)ロイター
約3万人が戦闘不能(装甲車両の上に乗るロシア兵=ウクライナ・マリウポリ)/(C)ロイター
拡大する

 政権内でもプーチン大統領への不満はくすぶっている。

 ウクライナ関連のスクープを連発している英調査報道グループ「べリングキャット」のクリスト・グローゼフ氏は16日のウクライナ「ラジオスボボダ」の番組で、プーチン政権を支える軍や情報機関などの「シロビキ」のエリート層で不満がたまっている実情を明かした。

「ロシア国防省やFSB(連邦保安局)の高官らは多くの情報を入手しており、この戦争が負けていることは分かっている。エリート層はプーチン政権が危険水域にあることを知っている」とし、プーチン大統領自身も“危険水域”の「空気」を感じているという。

 プーチン政権の崩壊は近いか。

2022年5月24日 (火)

関西生コン・ストライキ弾圧第1次事件、控訴棄却の不当判決弾劾!

関西生コン・ストライキ弾圧第1次事件、控訴棄却の不当判決弾劾!「これからもストライキはやっていく」

 

 5月23日、大阪高裁・関生スト(2017年12月)弾圧第1次(現場)事件判決は、控訴棄却の不当判決であった。当該組合員はじめ関生支部と結集した支援は、「今後も憲法と労働法で認められたストライキをやっていく」と強い決意を打ち固めた。

「量刑は時代によって変わる」(裁判官)

 判決は、「判断回避」を上告理由とされることを恐れ、5点の控訴理由にそれぞれ反論する形式を取りながら、全く無内容にそれを切り捨てた。その中で、特に印象を残したのは、控訴趣旨の「量刑不当」の主張に対して、裁判官が「量刑は時代によって変化する」とし、これまで罰金刑に留まっていた同種争議行為への量刑を超えて、関生支部へ懲役刑(執行猶予付き)を適用したことを正当化したことだ。

「事実上、威力業務妨害」「労働組合の行動の許容範囲を超えている」

 判決は、第1に、「当該組合員は車両の前に立ちはだかっていない」等の事実認定の間違いと威力業務妨害の「威力」には当たらないとする控訴理由の指摘に対して、「原判決は取り囲んだとしているのであった、立ちはだかったとはしていない」「車両の前を歩くなどして事実上、車両が通行できなかった」等述べ、「事実上、威力に当たる」とした。これでは争議行為(業務の正常な運営を阻害するもの・・・労働関係調整法7条)は全て、威力業務妨害に当たるではないか。

 判決は第2に、関生支部が17年12月ストを同年11月25日に決定したことをもって、当日に行動を変更した被告も含めて、共謀の成立を認めた。労働組合が組織決定でストライキを行うのは当たり前であって、この判決の論理によるならば、ストライキ参加者は押しなべて共謀共同正犯を適用できることになってしまう。

 判決は第3に、「雇用された者がいないからといって、あるいは使用者に当たらないからといって直ちに労働組合の団体行動としての違法性の阻却事由の適用がないとしているのではないが、本件は、違法性阻却の範囲を超えている」として1審有罪判決を維持した。判決は、ストに至った経緯や使用者の争議対抗行為について一切触れることはなかった。

 判決は、今回のストが「労組法の違法性阻却の適用範囲を超えている」とするのであるが、「違法性阻却の範囲」とはどこまでで、その根拠は何なのか、全く言及していない。「有罪だから有罪」と言っているに過ぎないのだ。

 そして第4に、冒頭で紹介した「量刑は時代によって変わる」なる裁判官の迷言である。これまでの争議の歴史では座り込みで車両の通行を阻止する行動等でも罰金刑しか適用されていない。判決は量刑が重い理由として「計画性や組織性」を挙げるが、ストライキが組織的計画的なことは当たり前であって、労組法の違法性阻却と完全に矛盾する主張である。裁判官は山猫ストなら違法性は軽いとでもいうのか??

 報告集会では、当該の副委員長が、「裁判官がこんなことを言っていいのか。関生支部はこれからも憲法と労働法で認められたストライキを行っていく」と強い決意を述べた。そして、『労組つぶしの大弾圧を許さない実行委員会』の全港湾大阪委員長は、「いつか、あの判決は間違っていたと言われるような闘いを作り出していこう」と呼びかけた。

 この日は、11時からの判決言い渡しを前に、9:30から150名を超える支援が大阪高裁前に結集、司会と実行委員会の発言を皮切りに、関生支部・湯川委員長、当該組合員、大阪全労協、京滋・兵庫・東海の支援がそれぞれ決意を表明、ケアワーカーズユニオンのシュプレヒコール、大阪教育合同の歌と続き、判決の傍聴席を埋めた。

 また、同日同時刻、大津地裁では、関生ビラ撒き弾圧裁判があり、無罪を訴える行動が、当該組合員と京都・滋賀の支援によって取り組まれた。(愛知連帯ユニオン)

2022年5月23日 (月)

いよいよ参議院選の始まりへ

当面の行動日程                  阪神社会運動情報資料センター掌握分

定例行動  毎週土曜日 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動 13時 三宮マルイ前  
辺野古大阪行動 15時半 JR大阪駅南   

木曜行動 15時~16時半 神戸・三宮マルイ前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 毎週金曜日  本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 毎月第3日曜日  12時 JR大阪駅前

阪神間の行動

 

523日(月) 労働組合つぶしの大弾圧を許さない!座り込み集会 9時半 座り込み集会開始 大阪地裁前公園  1015分 大法廷傍聴抽選 11時 判決言い渡し  大阪高裁201

5月23日(月) 美浜3号機運転差し止め仮処分 第4回審尋 15時半 大阪地裁

※5月23日(月) 5・28福島みずほ国政報告会実行委員会 18時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

5月26日(木) 木曜行動 14時半 三宮・マルイ前

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月例会 10時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

5月28日(土) 市民デモHYOGO5月学習会 14時半 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南4分)

5月28日(土) 引き下げアカン!大阪の会 第8回総会 13時半 大阪府社会福祉会館5階

※5月28日(土) 宝塚宗教者・市民平和会議 講演会 13時半 日本基督教団・宝塚教会(阪急「逆瀬川」西北7分)

528日(土) 福島みずほ国政報告集会 13時半 いたみホール大ホール(阪急「伊丹」北3分) 福島瑞穂&斎藤浩平ズームトーク

5月28日(土) 梅田解放区 17時半 阪急ヘップ5前

528日(土) 関生事件の全容集会 18時半 エルおおさか南館ホール(地下鉄「天満」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

529日(日) 老朽原発うごかすな大集会 13時 大阪・うつぼ公園

5月29日(日) 統一マダン神戸 11時 鉄人28号広場(JR「新長田」西5分)

 

5月30日(月) 李哲さん獄中記『長東日記』を語る(その2) 18時半 阿倍野区民センター(地下鉄「阿倍野」南3分)

531日(火) 阪神社会運動情報センター・情勢研究会 18時半 阪神センター

61日(水) 参議院選兵庫選挙区 相崎佐和子尼崎総決起集会 18時 JR尼崎北東

6月2日(木) 木曜行動 14時半 三宮・マルイ前

64日(土) 小出裕章講演会 14時 垂水・アバンテホール(JR「垂水」、山電「垂水」北東5分)

64日(土) 連帯兵庫みなせんと兵庫野党の協議 17時半 神戸市勤労会館(JR[三宮」東南4分]

64日(土) つじ恵と参議院選を語る 尼崎・尼崎北部集会 18時半 トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

※6月5日(日) つじ恵 西北街宣 12時~13時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 西宮・宝塚集会 14時 西宮大学交流センター(阪急「西宮北口」北東2分 アクタ東館6階)

※6月5日(日) つじ恵立花街宣 17時~18時

65日(日) つじ恵と参議院選を語る 尼崎西南部集会 18時半 すこやかプラザ(JR「立花」南2分、フェスタ西エレベーターで5
         階)

※6月6日(月) つじ恵 JR尼崎街宣 17時~18時

66日(月) つじ恵と参議院選を語る 尼崎東部集会 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

2022年5月22日 (日)

石垣島ですすむ住民無視の自衛隊基地建設 参院選で平和外交を最優先する議員を国会へ

石垣島ですすむ住民無視の自衛隊基地建設

参院選で平和外交を最優先する議員を国会へ

 

動画(6分52秒)
 

沖縄県石垣島で、住民の意向を無視した陸上自衛隊ミサイル基地建設工事が来年3月完成をめざしてすすめられている。基地周辺を歩くと、基地建設の轟音が鳴り響いている。道路は資材や土砂を積んだトラックが、ひっきりなしに通る。現場周辺には、集落、田畑、学校があり牛が放牧されている。

沖縄防衛局は先月25日工事現場周辺でカンムリワシ(国指定天然記念物)の営巣が確認されたため、大騒音をともなう工事は控えると発表したが、筆者の耳にはとてもそのようには感じられなかった。

さらに今工事に伴う汚水処理の問題が浮上している。現場では巨大な排水パイプが設置された。そこからは、現在は赤土がまじった水を一旦は沈砂池にため赤土処理をして流しているが、流れ出る水にはかなり泥がまじっている。また将来は排水溝として基地外に排水が流されることになる。排水の先には宮良川が流れている。宮良川周辺には農業用水を取り込む施設や飲料水を地下からくみ上げる施設がある。防衛当局は汚水処理に問題はないとしているが、市民は、問題がないのなら確固たる証拠を示すよう市や防衛局に求めている。

藤井幸子さん(石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会)は、さらに必要なことがあると語った。「それは、軍事的な抑圧による外交はなく、平和外交を最優先する外交です。それは私たちだけではできるものではありません。総選挙(来る参院選)で勝利することが必要です」と。(湯本雅典 5月18日)

2022年5月21日 (土)

激怒のプーチン大統領、軍指揮官を次々クビ! 内部で「隠蔽と責任転嫁の文化が蔓延」

 
いいね9 コメント|

ロシアのウクライナ侵攻から3カ月が近づくが、膠着(こうちゃく)状態が続く戦況にプーチン大統領は怒りを隠せないのか。英国防省は19日の戦況分析で、ロシア軍が最近、複数の上級指揮官を更迭していると指摘した。将校らは失敗の責任回避に躍起となり、露軍内部で「隠蔽と責任転嫁の文化が蔓延(まんえん)しているようだ」との見方を示した。

英国防省の分析によると、東部ハリコフの掌握失敗を理由に戦車部隊を指揮した中将が更迭されたほか、黒海艦隊を指揮した中将も旗艦モスクワの4月の沈没後に解任されたとみられる。

プーチン氏は東部ドンバスなど露軍部隊の移動指示に直接関与したとされ、懲罰人事にも意向が反映されたと考えるのが自然だ。

分析では、制服組トップのゲラシモフ参謀総長は留任のもようだが、プーチン氏の信任を得られているのか「はっきりしない」としている。

英国防省は「将校らが重要な決定を上官に委ねようとする傾向が強まる」とし、「露軍が主導権を取り戻すのは困難だろう」と予測した。

経済では「脱ロシア」が広がる。16日に仏ルノーと、米マクドナルドが撤退を発表したが、ロシアに進出する日本の上場企業168社のうち、42%に当たる71社が事業の停止や撤退を決めたことが帝国データバンクの調べで分かった。4月時点の60社から11社増えた。

製品の出荷や受注を含む「取引停止」が2社増の33社、現地工場などの「生産停止」が3社増の14社、店舗などの「営業停止」が1社増の10社、撤退は3社で変わらず、その他が11社だった。

2022年5月20日 (金)

“打倒・松井維新”で面白くなってきた! 水道橋博士がれいわから参院選出馬表明


“打倒・松井維新”で面白くなってきた! 水道橋博士がれいわから参院選出馬表明

公開日: 更新日:



れいわ新選組から立候補する「浅草キッド」の水道橋博士氏(C)日刊ゲンダイ
れいわ新選組から立候補する「浅草キッド」の水道橋博士氏(C)日刊ゲンダイ
拡大する
水道橋博士さん 師匠・ビートたけしさんの評伝を書きたい 「国民の身を切る改革」で焼け太り ひたすらカネに汚い維新の手口 世間を欺くひと芝居 「法律顧問」契約を解消した橋下徹と大阪維新の会の関係

 参院選への出馬意向が報じられたお笑いコンビ「浅草キッド」の水道橋博士(59)が18日、主催するトークライブでれいわ新選組から立候補すると表明した。党内手続きを経て、比例代表での出馬を来週にも正式発表する見通しだ。

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長から名誉毀損で告訴されている博士は、選挙戦で維新批判に徹する気満々。参院選での“躍進”を狙いながらも、不祥事続発の維新にとっては頭の痛い展開になりそうだ。

 都内で開かれたトークライブ「アサヤンvol.32 輝く我が名ぞ 反維新タイガース!!!」には、れいわ代表の山本太郎元衆院議員や大石晃子衆院議員が途中参加。山本代表から「れいわで一緒に参院選を戦ってくれるかな」と呼び掛けられた博士は、「戦います。山本代表に僕を預けます」と明言。

■「松井さんを絶対後悔させる」

「反スラップ訴訟法を作る。2世議員しか立候補できないような高額な供託金をなくす。消費税をゼロにする」「松井一郎さんに対し、俺をこうやったことを絶対に後悔させる」と意欲をみなぎらせていた。

水道橋博士と松井市長の因縁


松井一郎・日本維新の会代表を後悔させる!?(C)日刊ゲンダイ
松井一郎・日本維新の会代表を後悔させる!?(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 博士と松井氏の因縁は今年2月にさかのぼる。博士が松井氏を批判したユーチューブ動画を引用リツイート。それに激怒した松井氏は「水道橋さん、これらの誹謗中傷、デマは名誉毀損の判決が出ています」「言い訳理屈つけてのツイートもダメ、法的手続きします」とツイッターに書き込んで先月下旬に博士を名誉毀損で告訴し、550万円の損害賠償を求めている。テレビ出演などに影響が生じている博士は、口封じが目的の「スラップ訴訟」と反発。法廷闘争にもつれ込んでいる。

 最大ゆ党の維新がタジタジとなれば、参院選は少しは面白くなりそうだ。

 維新をめぐっては所属議員の経歴詐称、ルッキズム発言、議員間パワハラなど、今年2月以降で少なくとも7件の問題が発覚。東京選挙区公認内定者の居住実態をめぐる疑惑も報じられ、不祥事のデパート化している。トークライブでは博士の選挙活動について「松井代表の遊説を追っかける」というプランも浮上。トコトンやってほしい。

2022年5月19日 (木)

不正の塊=維新の館② 【独自】維新の会・参院選の「目玉女性候補」が道交法違反の疑い!違反認識後も継続、隠蔽の指示まで

【独自】維新の会・参院選の「目玉女性候補」が道交法違反の疑い!違反認識後も継続、隠蔽の指示まで

配信

コメント667件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

熱心な太陽光発電導入論者

海老沢氏ウェブサイトより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車で走り回る選挙キャンペーン

片手運転する海老沢氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不正の塊=維新の館① 非常勤講師ではなかった維新・岬議員 「大学の確認が取れました」のナゾ 河村・名古屋市長は告発準備へ

非常勤講師ではなかった維新・岬議員 「大学の確認が取れました」のナゾ 河村・名古屋市長は告発準備へ〈dot.〉

配信

コメント118件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AERA dot.

2019年の参院選後のインタビューに答える岬麻紀氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年5月18日 (水)

大学のあとに高層マンション 公共財がつぎつぎ金もうけの対象に 無策続く伊丹市


テーマ:

本市南部にあった大手前大学が移転し、

キャンパス解体工事がほぼ終わった。

 

解体前

 

現状

 

 

大手前大跡地はどうなる。その可能性を調べてみた。2021年09月12日

 

 

5月15日、地元公共施設で、

大手前大学跡地活用の

住民説明会が開催された。

 

 

午前に稲野センターで2回

午後に稲野東センターで2回。

私は午前2回に参加した。

 

 

 

 

 

事業主は

三井不動産レジデンシャル(株)

近鉄不動産(株)

JR西日本不動産開発(株)

総合地所(株)

 

 

事業主から委託を受けた

設計・施工を担当する事業者

(株)長谷工コーポレーションが

建設概要、及び工事車両運行図を

使って説明した後、質疑応答。

 

 

 

建設予定地

伊丹市稲野町2丁目2番地2

 

 

 

上から。赤い部分が建物

 

 

横からのイメージ

 

 

構造・規模

鉄筋コンクリート造り

15階建て 571戸

 

工期

1工区 9月末~2025年3月末

2工区 9月末~2025年11月末

 

 

様々な視点から

質問・要望が続出した。

 

 

まだ整理できていないので、

後日、ご報告できればと思う。

2022年5月17日 (火)

●レイバーネットTV・第169号放送 <特集 : 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート>

5月18日のレイバーネットTVは、維新批判ですが、教育問題からアプローチします。
昨年、直訴で話題になった久保敬校長(今年退職)が出演し、実態を話します。
また「QBハウス」の裏側に迫ります。ぜひご視聴・応援、よろしくお願いします。
(イラスト=久保敬校長)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●レイバーネットTV・第169号放送
<特集 : 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート>

 

・放送日 2022年5月18日(水)19.30一20.50(80分)
・視聴サイト http://www.labornetjp.org/tv  (YouTube配信サイト https://youtu.be/OawOYUg9ocQ
・配信スタジオ 梨の木舎スタジオ(東京・水道橋)
・キャスター 北健一・北穂さゆり

 

1,キャスターあいさつ。「今月の一枚」写真紹介(3分)

 

2、〔ザ争議〕ヘアカット「QBハウス」安さの秘密
       ー雇用責任逃れを問う(20分)
 ・聞き手 北健一
 ・ゲスト 笠川隆さん(QBハウス美容師)・指宿昭一さん(顧問弁護士)
 「10分」のヘアカットで知られる「QBハウス」で働く美容師・笠川隆さんたち
が、立ち上がった。なぜなら、職場では、有給休暇取得、社会保険加入、36協定
の締結、健康診断の実施等の福利厚生が一切保障されておらず、未払い賃金
もあったからだ。組合をつくってマネージャーと話し合ってきたが、大元の「QBハウ
ス」は「直接の雇用関係はない」として団体交渉を拒否している。「QBハウス」
の雇用責任を免れる複雑な業務委託契約の仕組みは、低賃金・長時間労働の温床
であり働く者を苦しめている。番組では、無責任な「働かせ方」を許さず、声を
あげた日本労働評議会QB分会長の笠川隆さんにその実態を語ってもらう。また
担当の指宿昭一弁護士が問題点を解説する。

3,ほっとスポット・ジョニーH・乱鬼龍(7分)

 

4,特集 維新の「競争教育」はアカン!大阪からのレポート(50分)
  ・ゲスト=久保敬さん(松井市長に声をあげた元校長)
       志水博子さん(子どもをテストで追いつめるな!市民の会)
  ・聞き手 ジョニーH
 昨年の衆院選で躍進した「維新」は、今年夏の参院選では「9条に自衛隊明
記、緊急事態条項の創設」などの公約を掲げて、改憲の道を一気に開こうとして
いる。しかし、維新は大阪でいったい何をしてきたのか? 「身を切る改革」で
切られたのは弱者の生きる権利ではなかったか。とくに教育の現場には「競争原
理」が持ち込まれ、教員も子どもも「テスト教育」で追いつめられている。
 そんななか2021年5月、オンライン授業導入をきっかけに声をあげた現職の校
長がいた。「ガッツせんべい」こと木川南小学校の久保敬校長である。久保さん
は松井市長に「直訴」(提言書)し、教育のあり方を問うた。提言書では、「学
校は、グローバル経済を支える人材という“商品”を作り出す工場と化している」
現状を憂い、「誰もが一生懸命働き、人の役に立って、幸せな人生を送りたいと
願っている。その当たり前の願いを育み、自己実現できるよう支援していくのが
学校でなければならない」と述べ、「“生き抜く”世の中ではなく“生き合う”世の
中でなくてはならない」と訴えた。この提言書は全国に広がり、大きな共感の声
が広がった。
 それからちょうど一年経ち、久保さんは4月に『フツーの校長、市長に直訴!
ガッツせんべいの人権教育論』を上梓した。番組では、「子どもをテストで追い
つめるな!市民の会」の元大阪府立教員・志水博子さんを交えて、維新政治の本
質的問題を教育の側面から迫りたい。

 

■ギャラリーはありません。ライブ中継でご覧ください。ツイッターコメント歓 
迎。ハッシュタグは#labornettvです。お問い合わせ=070.5545.8662

«当面の行動

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村