2017年3月27日 (月)

当面の行動~支持率急落の安倍政権に、市民の怒りをさらに叩き付けよう

当面の闘争日程(阪神センター掌握分)

 未記載行動あれば連絡を 阪神センターの判断で載せてない行動もあります   

 定例行動 

毎週土曜日 13時 辺野古神戸行動 三宮マルイ  15時半 辺野古大阪行動JR大阪 

毎週金曜日 関電包囲行動 大阪本店前 神戸三宮支店前 姫路 茨木 京都など

毎週水曜日 慰安婦行動 大阪=ヨドバシ前原則 阪神 神戸 

毎週木曜日 市民の集い定例街頭宣伝行動 15時~16時半 三宮マルイ前    

改憲反対市民フォーラム 毎月第三日曜日 12時 JR大阪駅前      

 

328日(火) 憲法懇談会討論会 18時半 あすてっぷKOBEセミナー室(「高速神戸」北4分)

42日(日)  ラッキイ池田と親子deけんぽ― 10時 神戸うはらホール(JR「住吉」東南3分)

44日(火)  世界自閉症啓発デー 13時半 高槻市立生涯学習センター(JR「高槻」南西10分)

45日(水)  阪神センター春の花見会&懇親会 19時 阪神社会運動情報資料センター(阪急「塚口」南7分)

46日(木)  戦争あかん!ロックアクション 18時半 新町北公園

47日(金)  宝塚市長選・公開討論会 18時半 ソリオホール(阪急「宝塚」連結3分)
パネリスト:中川智子 伊藤順一 山本敬子 主催:宝塚市自治会ネットワーク会議

48日(土)  ミナセン尼崎相談会 14時 小田公民館(JR「尼崎」北東3分)

48日(土)  検証!「瑞穂の國記念小學院」問題市民集会 18時半 大阪市住まい情報センター(「天六」すぐ) 報告:木村真(豊中市議)

49日(日)  宝塚市長選告示  伊丹市長選告示
中川ともこ出発式 10時 小林4丁目事務所
1000
人大集会 12時 阪急宝塚・夢広場 ゲスト:山本太郎 ・辻元清美ほか 11時からプレイベント

49日(日)  市民の手公開学習会~不公平税制で社会保障の充実を 14時 神戸市勤労会館(JR「三宮」東南3分)

49日(日) 「戦場取材から見た戦争のリアル 憲法の可能性」講演会 14時 兵庫県保険医協会(「元町」南7分 神戸フコク生命海岸ビル5階) 事前申し込み制 FAX 0783931802

410日(月) 日本・ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南4分) 総活学習会:近衛新体制と大政翼賛会

415日(土) 宝塚市長選・中川ともこ最終イベント 15時 阪急「逆瀬川」 ゲスト:福島みずほほか

15日(土)~16日(日) 部落解放同盟全国連全国大会  東大阪市・荒本解放センター(近鉄「荒本」南西10分)  

415日(土) 戦争をさせない関西大行動 13時 扇町公園(JR「天満」西3分) 

415日(土) 沖縄集会 18時 北区民センターホール(JR環状線「天満」西2分)         

416日(日) 宝塚市長選投開票日

416日(日) RENTAI FESTA  10時 万博公園(大阪モノレール「万博公園」北5
       
分)

416日(日) 「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」トーク 11時 14時 西宮大学交流センター(阪急「西宮北口」北東3分 アクタ東館6階)

416日(日) 第三師団申し入れ行動 10時半 第三師団西門(伊丹・千僧)

416日(日) 憲法改悪に反対する市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR大阪駅南

422日(土)~23日(日) 未来のための歴史パネル展 
こうべまちづくり会館(阪急「花隈」南3分)
映画『鬼郷』上映会 14時~16時半 2階ホール

422日(土) 小西誠講演会 18時半 エルおおさか 

422日(土) 54憲法フェスタ(@いたみホール)~歌と笑いと憲法講座 拡大・最終実行委員会 18時半 いたみホール5階大会議室(阪急「伊丹」北3分 JR「伊丹」北西8分)

423日(日) コープ自然派講演会 金平茂紀さんと考える「テレビはなぜダメになったか」  14時 神戸市勤労会館大ホール(JR「三ノ宮」東南3分)

423日(日) 市民デモHYOGO4月行動 沖縄連帯集会・デモ行進 14時 あすてっぷKOBE(「高速神戸」北4分) 講演:安次富浩(ヘリ基地反対協共同代表) 集会終了後デモ行進

429日(土) 市民デモHYOGO定例会 10時 神戸市勤労会館

51日(月) メーデー 大阪:13時 中之島公園 剣先ひろば  
尼崎:18時 尼崎中央公園

53日(水・休) 憲法こわすな!おおさか総がかり集会 14時 扇町公園(JR環状線「天満」西3分、地下鉄「扇町」西1分)

53日(水・休) 神戸憲法集会 14時 神戸芸術センター(地下鉄「新神戸」東南2分)ゲスト:糸数慶子(参議院議員) 

53日(水・休) 憲法記念日ピースパレード・豊中 10時半 豊中市役所前広場(阪急「岡町」東7分)

54日(木・休) 憲法フェスタ 13時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分 JR「伊丹」北西8分) ゲスト:松元ヒロ 早苗ネネ(歌手) 講演:高作正博関大教授 

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ 

「関与」ありありの首相夫人を喚問せよ

 Photo まず、昭恵夫人は私人ではない。国会議員でも国費で雇うのは3人だけ。移動は自分の車だ。ところが昭恵夫人には5人の専従的国家公務員がつく。移動は公用車だ。これだけを見ても「公人」であることがわかる。さらにこのたびはっきりしたのがその公務員秘書・谷氏が昭恵夫人と森友学園の交渉を取り次いでいた。Photo_2 安倍や政府は「ゼロ回答文書」などと逃げているが十分「頑張っている」内容がはっきり書かれている。端的にわかるのが「今回はご希望に添えませんが、今後注視していきます」のくだり、要するに「今後頑張ります」と言う意味に他ならない。これを関与と言わずしてなんと言うのか。
 偽りの証言をしたら罪に問われる証人喚問で
籠池氏が発言した事実の重みは100トン級だ。国会は早急に公人である安倍昭恵氏の証人喚問を! 検察は政府・首相官邸内・昭恵夫人付き公務員の事務所と財務省理財局への強制捜査着手を! これは我々が言っているのではない。 民意だ。 世論調査で「政府の答弁に納得できない」=62%。「安倍昭恵氏らの証人喚問賛成」=52%と言う数字がその根拠だ。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

森友学園・籠池証言への、フツーの市民のフツーの意見~丸尾牧ブログより

籠池喚問の対応で思うこと 安倍さんは籠池さんを名誉棄損で訴えないのでしょうか? ― 2017-03-25 15:53

・籠池さんが証言した安倍さんからの100万円の寄付と10万円の謝礼について 私が安倍さん、昭恵さんの立場で、100%デタラメなことを言われているのであれば、籠池さんを名誉棄損で訴えます。その動きが全く見えませんが、何か理由があるのでしょうか・・・。

・夫人付職員からの問い合わせがあれば、財務省の職員は、夫人からの意思だと100%思うでしょう。首相夫人からの問い合わせであれば、一定の配慮が働く余地はあります。 財務省の職員が夫人付職員からの問い合わせをどのように受け取り、どのような対応をしたのか確認が必要です。FAX回答では工事費の立て替え払いについて「2016年度での予算措置を行う方向で調整中」とのコメントがありますが、その方針が従来からあったものなのか、籠池氏から問い合わせの後に初めて出されたものなのか確認が必要でしょう。

・野党が求めている昭恵夫人、松井一郎大阪府知事の証人喚問を自民が拒否しています。大阪府議会で、維新、公明の反対で調査権限を持つ100条委員会の設置見送りが決まりました。 自民、維新、公明は、世論の推移を見ているのでしょうが、もう少し真剣に真相解明に、取り組むべきでしょう。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

3月26日「いつも考えさせられる上海列車事故」 ~坂本重雄ブログより

3月26日「いつも考えさせられる上海列車事故」

 24日は、我が母校、高知学芸高校の後輩たち27人と引率教諭の1人が犠牲になった列車事故の30回目の同校で慰霊祭が行われました。
 遺族や教職員、在校生ら約860人が参列し、犠牲者の冥福を祈られたとのことですが、学校側の対応に納得をできず、校内の慰霊碑に生徒の名前を刻まれず、式に参列をされていない遺族の方もいらっしゃいます。
また、2010年3月3日、23回忌となる慰霊祭を前に、議会質問をさせて頂くきっかけとなったご遺族の方お二人とも亡くなられました。
 今年の慰霊祭では、学校長が式辞で、「下見を含む事前調査の不十分さ」「裁判判決で、学校が不手際を認めず、遺族の心情を逆なでしたと指摘されたこと」「事故報告書のまとめに20年以上要した上、その内容について全ての遺族の納得を得られていないこと」などを反省すべき点として、述べられたことなどが、今朝の高知新聞で報じられていました。
 学校生活において、とりまく安全な環境を確立し、維持し、向上させることが日々厳しくなり、そのことに対して多くの視点で見守ることが求められている今であれば、校長が反省点として上げている点などは、当時看過されることではなかったと思われます。
 納得のいかないご遺族の方も、納得できて、全ての人がこの合同慰霊祭で弔い、教訓を語り継いでいけるように、学校も真摯に向き合い続けて頂きたいものです。
 そして、遺族の方から問いかけられている知事にも、「私学のことだから」ということでなく、「子どもの命と安全」を守るための教訓を明らかにすることに尽力頂けたらと思わざるをえません。

 30年前の上海列車事故のあった高知学芸高校は、この問題の責任と学校の在り方を問い続けてきた高知県議の坂本重雄さんの母校であるとともに、当ブロガーの母校でもある。「30年にあたり、学校長が式辞で、「下見を含む事前調査の不十分さ」「裁判判決で、学校が不手際を認めず、遺族の心情を逆なでしたと指摘されたこと」「事故報告書のまとめに20年以上要した上、その内容について全ての遺族の納得を得られていないこと」などを反省すべき点として、述べられたことなどが、今朝の高知新聞で報じられていました。」とあるので、少しはの進歩と思い、掲載する。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

「森友学園問題は“日本会議”の同志による醜い争い」=3.24金曜行動で小森陽一さん~レイバ^ネット日本

「森友学園問題は“日本会議”の同志による醜い争い」~3.24金曜行動で小森陽一さん
3月24日金曜日、夜になって寒さがいっそうつのる中で国会周辺のあちこちで反原発、共謀罪反対、森友学園の真相究明など安倍政権への抗議行動が行われた。国会北側エリアの<未来のための公共>の抗議では、前回とは反対にコールを主体にすることになり、「共謀罪は絶対にいらない」「政治を私物化するな」「真実を語れ」「昭恵は出てこい」「ウソをつくな」「森友学園ハッキリしろ」などさまざまな声が上がった。スピーチは「3.11以後の路上からの運動に学んだ」という印刷会社の社員を筆頭に、それを受けて学者の会の小森陽一さん(写真左)が「森友学園問題は<日本会議>の同志による仲間割れ、醜い争いなのだ」と指摘し、「大阪の市会議員の47.7%が<日本会議>のメンバーだ」と明かした。また埼玉の主婦は、「戦時下の治安維持法事件『横浜事件』の弾圧・拷問を初めて知って驚いた」と語り、市民を黙らせる共謀罪のコワサを訴えた。(木下昌明) 写真速報動画(7分23秒)

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

郵政ユニオンが春闘全国ストライキ(3月23日)~関西合同労組ブログより

 3月23日郵政ユニオンの春闘全国ストライキの闘い、灘郵便局のスト支援に行ってきました。全国25職場でストに突入しました。8時間働けば普通に暮らせる賃金もとめて、6名ー1名正社員、5名非正規労働者が、決起した。非正規ー全国で19万人ーは正社員と全く同じ仕事をしているのに、一時金は100万円少なく、年末正月手当も住居手当も扶養手当もありません。酷い差別です。他方株主に、2050億円の配当。しんじられない、労働者軽視、いじめ、権利侵害です。郵政労働者ガンバレ!!

2017年3月26日 (日)

日本会議=増木氏が宝塚市長選挙に介入か?

 Photo 来るべきものが来た! 4月9日告示、16日投開票の宝塚市長選挙では中川ともこ市長が3選出馬を表明している。今回も大政党はつかず、市長の堅実で弱者にやさしい市政、過去の赤字体質から黒字財政に転換させた実績を評価する市民たちの自発的ボランティアにより、中川ともこ市長の実績を広報する取り組みが進んでいる。ところがそこへ挑戦者となる自民党市議「山本敬子」さんの応援に吹田市の増木氏が名乗りを上げたのだ。
 このビラを見ていただきたい。この写真のとぼけたおばちゃんが山本敬子氏。
 右派市民運動も技術革新が必要と言う増木氏のカラーがあふれている。中川市長のどこが「極左」なのか論拠不明だが、とにかく悪イメージを流布する事で落選を図ろうとするものであり、公選法はもちろん、名誉棄損などの罪にも問える代物だ。Photo_2
 発行者は増木直美氏。直美氏は「在特会元関西支部長」と主要マスコミで報道された増木重夫氏の愛妻。府警に車庫飛ばし容疑事件で夫婦同時逮捕されたり、在特会幹部がいくつかの事件で逮捕されたらその「救援カンパ」を直美氏の名義で募集したりした「夫婦で仲良く右派運動」の人なのだ。
 しかし、記事を見ると「増木」とのみ署名がある。そこには14年前、西宮へ乗り込んで土井たか子さん落選運動を大々的にやった武勇伝が誇らしげに載っている。当時、西宮では怪文書ビラ・怪電話など大謀略作戦がかけられておりその中で卑劣な総攻撃を食らった土井さんが落とされてしまった事を記憶するが、「在特会元関西支部長」と新聞紙上をにぎわした増木氏らが千人も動いていたのが自供された事になる。
増木氏は「日本会議」そのものだ。
  今でこそトカゲのシッポきりで疎遠を装っているが、今でも増木氏や在特会の暴れ者と籠池氏が名前を連ねる諸団体をインターネット検索で探すことはたやすい。極右・ヘイトスピーチ勢力に応援してもらって、山本敬子氏はどうするつもりなのか。まあ、一日も早く増木夫妻が宝塚へ現れる日を宝塚の良識派市民は心待ちにしているらしい。極右・ヘイトスピーチ勢力に応援されている実態がよくわかるから。


☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

2017年3月25日 (土)

身内(妻)可愛さに、公務員に責任をなすりつける裸の王様

 安倍晋三の政治判断が大きく崩れ始めた。第一次政権時代のオトモダチ内閣以上に、今回の森友事件での身内可愛さ政治は際立つ。身内=夫人の関与が明らかとなるや「安倍晋三記念小学校」とまで慕っていた日本会議の同志を「しつこい」と言って切り捨て、夫人の口利きが逃れられなくなるとその罪を「夫人付き職員」に擦り付けるという、民主主義国家の最高権力者として最も避けなければならない道を、愚かな裸の王様の道を安倍晋三は選択してしまった。
 これを菅官房長官も止められず、むしろその先頭にたったということは、もはや安倍政権には、王様の愚行をいさめる正常な判断力の持主は誰もいないということだろう。
 あの極右で罵詈雑言で知られる西田昌司ですら「夫人の行動」に疑問符をつけた。最大のちょうちん持ちコメンテーター・田崎史郎までも「答弁の失敗」を指摘(「しつこい」「わたしも妻も関与していたら辞める」)しているのに、それとははるかに次元を超える、「夫人付き職員」責任論はこの国の政治史上に残る愚行というべきだろう。安倍晋三の昭恵擁護は、帝政ロシアのラスプーチンの愚行を見る思いだ。(最後のゴッドマザー・岸信介の娘=安倍洋子すら止められなかった、ようだ。)
 もはやこの国の政治では、首相にものを言い、誤りを糺す者は誰もいない。わずかに石破が批判してきたが、今後の批判は安倍倒閣運動と見なされるから、その批判は深く潜行するしかないだろう。
 となると、ますます愚行と独裁をくり返す安倍政権にたいし、これを糺すのは100万規模の民衆の運動しかなくなる。ちょうど半年前から100万人単位の大統領官邸に向かうデモを毎週土曜日繰り返した韓国のように。
 アジアの儒教の国=中国・朝鮮・韓国・日本は、戦後に入ってなぜか「王朝」といわれる世襲政治が続いている。韓国では朴2代目の朴槿恵をやっとの思いで倒したが、この国の民衆は朴槿恵以上の身内可愛さの政治を行う岸3代目安倍政権の愚行をこのまま放置するのだろうか。
 政治でも軍事力でも、「他国の軍事的脅威」「他国の独裁政治」を言う前に、問われているのは我々一般市民の、独裁を許容し倒すことのできない、民主主義の成熟度ではないのではなかろうか。(つづく。次はなぜここまで昭恵を擁護するのか、安倍晋三)

昭恵夫人 涙ぐみ「甘さ反省」

3/24(金) 22:22 掲載    

    

昭恵夫人、涙ぐむ=「自分の甘さ反省」

 安倍晋三首相夫人の昭恵氏は24日午後、北九州市で講演した。(時事通信)

[続きを読む]

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

2017年3月24日 (金)

いよいよ明らかになる、日本会議ぐるみの森友事件~籠池・安倍・稲田夫婦6人は旧知の同志

 籠池国会喚問を通じて森友学園不正国有地払下げ事件が、官僚を除く登場人物のほとんどすべてが、塚本幼稚園の教育勅語斉唱に賛同する右翼団体=日本会議の関係者による不正事件であったことがImg_0763_321、全面的に明らかとなってきた。
 まず昨日の最大焦点人物=安倍昭恵首相夫人は3回にわたり塚本幼稚園で講演し、その教育に感動し、2015年9月5日に名誉校長にした。安倍首相や政権太鼓持ちのコメンテーターたちは安倍昭恵を私人・民間人のように言いなしてきたが、キャリアの秘書官が常時随行する公人中の公人で、その政治的影響力はまさにファーストレディそのものだっただ。その影響力は首相夫人秘書官の谷査恵子のFAXで、回答時「ゼロ回答」でありながら、「平成28年度で予算措置」とあり、事実その後そのように展開している。まさに安倍昭恵の関与が証明されたのである。
 
 次に安倍晋三そのものも国会答弁で、塚本幼稚園の教育や籠池の主張は、自分と同じ方向だと表明している。その上で都合が悪くなると昭恵を名誉校長から辞任させ、「しつこい」と切り捨てた。この安倍Img_0916_3162の答弁が「トカゲのしっぽ切り」とうつり、籠池は猛反発したわけだ。さらに安倍は「関与していたら総理も議員も辞職する」といったが、この答弁が失敗であったことは、安倍のちょうちん持ちの時事通信・田崎史郎すら「失敗」と言い始めている。 

 第三は稲田朋美夫婦だ。稲田は子どものころから生長の家の本を読み、学生時代からバリバリの右翼。父親の椿原が関西=京都・福井での右翼の大物で、籠池は若いころから昵懇の仲。また稲田の夫の稲田龍示弁護士も朋美以上の右翼で、その上森友学園の顧問弁護士も勤めていた。しかも16年1月に稲田弁護士事務所で、近畿財務局と大阪航空局職員が会合を持ち、稲田弁護士も同席していたことを、稲田朋美は今日の段階で認めた。
 籠池夫婦と稲田夫婦と安倍夫婦はいずれも日本会議の教育方針を実現するために、森友学園に小学校を作るための同志であり、そのためにその政治力を使って、あらゆる工作を行った。これが真実ではないか。
 その事実が木村豊中市会議員やマスコミの手により明らかになり、安倍は籠池切りを始め、ある種社会的・肉体的抹殺の危機を感じた籠池泰典がマスコミを使いまくって、窮鼠猫を噛むの反撃に出たのが昨日の国会喚問だった、というのが真相ではないか。

 このことの本質の上に、国有地払下げや小学校設立認可が、ほとんどうまくいきかけていたが、ことの本質がばれ、大窮地に陥っているのが安倍晋三だ。
 まだまだ明らかになる暗部をえぐり、アベ政治そのものの森友事件を弾劾し、朴槿恵を引きずり下ろした韓国民衆の闘いに見ならい、安倍を政権から引きずりおろそう。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

石嶺議員(沖縄・宮古島市)への辞職勧告、嫌がらせを許さない(上)~たたかうあるみさんのブログより

石嶺議員への辞職勧告、嫌がらせを許さないぞ!

 宮古島が揺れている…事の発端は、1月の宮古島市長選挙と同時に行われた、市議会議員補欠選挙で当選した石嶺香織議員が、フェイスブックに「米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊が配備されたら、絶対に婦女暴行事件が起こる」と書き込んだため、これが「炎上」したことから始まる…これについて石嶺議員は謝罪・撤回した。琉球新報(本エントリーは断りがない限り、琉球新報)より
石嶺宮古島市議が「おわびして撤回」 FB投稿批判受け
 【宮古島】宮古島市の石嶺香織市議が9日、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊が同市へ配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと、自身のフェイスブックに投稿した件で、石嶺市議は12日に「事実に基づかない表現でした。おわびして撤回いたします」などと謝罪する文書を報道機関に発表した。
 石嶺市議は、陸自に新設される「水陸機動団」が離島奪還作戦を想定して米海兵隊から訓練を受けていると現状を説明した。その上で「米軍による事件事故が多発していることへの強い不安と、陸自が海兵隊の訓練を受けていることを結びつけ、不適切な表現をしてしまいました」などと釈明した。
 石嶺市議は9日、陸自が米国で海兵隊と共に実働訓練をしているとのニュースを引き合いに出し「海兵隊からこのような訓練を受けた陸自が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」とフェイスブックに投稿した。これに対し批判が殺到し、釈明した上で投稿を削除していた。
 石嶺市議は宮古島市への陸自配備に反対する姿勢を公約に掲げ、今年1月の市議会補欠選挙で初当選した。
 防衛省は宮古島市に700~800人規模の警備部隊とミサイル部隊の配備を計画している。【琉球新報電子版】


 ところが、石嶺市議が謝罪・撤回したにもかかわらず、宮古島市議会は辞職勧告を決議した…これが21日である。
石嶺市議に辞職勧告 FB投稿受け宮古島市議会 本人は拒否
 【宮古島】宮古島市議会(棚原芳樹議長)は21日午前に開かれた3月定例会で、石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数(賛成20、反対3)で可決した。石嶺市議が9日に自身のフェイスブック上で、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿し、削除した件を受けた。勧告に法的拘束力はない。同市議会で辞職勧告決議が可決されるのは初めて。(以下略)

報道にもあるよう石嶺市議は補選において、「宮古島への自衛隊配備反対」を掲げて当選している。また同日行われた宮古島市長選挙では、自衛隊配備を容認する現職が勝利しているが、反対を訴えた候補者2名の得票を上回ってはいない…すなわち世論は2分している。一方、登録しているMLで流れてきた情報によれば、自衛隊の宮古島配備において、3月いっぱいで用地を取得し、4月以降駐屯地工事着工というスケジュールが、ほぼ決まっているとのことである。
 要するに今回の騒動は、自衛隊配備容認派による、反対運動つぶしの一環なのである。また、宮古島市市議会でただ一人の女性議員でもある中、一種のセクシャリティに関する攻撃であるともいえよう。

 

続きをすぐ読みたい方は「たたかうあるみさん」のブログへ

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

«『共謀罪』による監視・告発・管理・戦争準備社会を許さない

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ