2017年8月24日 (木)

島尻あい子を2337万円で大臣補佐官に雇い入れ!

島尻あい子・元沖縄北方大臣が返り咲いた。数々の失言、沖縄を冒涜する行為の連発のPhotoすえ去年の参議院選挙で落選し、大臣の座を失ったのだが、このたび、閣議決定で大臣補佐官を務める事になった。何と年収は2337万円。沖縄県民の総意できっぱり拒否された人物を巨額の報酬で雇い入れるなど、沖縄無視の大暴挙と言える。こういう一つ一つを選挙民はしっかり記憶しておかねばならない!

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年8月23日 (水)

武庫川ユニオンの30回大会報告

第30回定期大会を終えて

来年の30周年記念大会を前進が確信できる大会に


 武庫川ユニオンは8月6日に第30回定期大会を出屋敷リベル会議室で開催しました。大会には組合員62人、来賓12人など78人が参加しました。当日は、広島に原子力爆弾が投下され72周年の日でもありました。司会を担当した小林副委員長の提案により全員で黙とうを行いました。小林副委員長は被爆者へ思い馳せ涙ぐみ声をつまらせました。大会参加者も原爆投下の日であったことを改めて思い起こし緊張感を持って開会しました。

 大会内容の詳細は機関紙で報告されますが、大会を通して確認されたことは、来年の第31回大会が結成30周年記念大会となることから、来年の大会に向けて30周年記念事業を展開し、組合員全体で組織の強化拡大をはかることを確認し合いました。

 安倍政治の驕りの中で陰りが見え始めたこの時期に、労働組合のナショナルセンター連合が安倍政権の「働き方改革」に反撃するのではなく、100時間未満の労働時間規制や、高度プロフェッショナル制度の導入に同意するかのような動きを見せたことは残念です。だからこそ私たちがもっと力を付けないといけないことを誓った大会となりました。

 二部の懇親交流会では恒例になったサンシン部会の演奏と自治労阪神淡路ブロックの戎事務局長のサンシン演奏に始まり、参加者一人ひとりが近況報告など行いました。大会には長期にわたる闘いの最中に結婚した石村さんのパートナーさんと子どもさんも参加されました。飯田ファミリーと同様、ファミリーでの参加が増えることに期待したいと思います。

 来年の大会は会場を変えて盛大な大会と祝う会が開催されることになります。イベント内容の話が交流会でも語られていました。乞うご期待。    

書記長 小西純一郎

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

大飯原発再稼働反対で、自治体議員がおおい町に申し入れ~山下けいきブログより

 午前中は市民相談(障がい者支援事業の件)、昼からは「新社会」の配布と集金、明日の講演内容の原稿書きと資料準備。大飯原発再稼働に関して昨日の綾部市、宮津市、舞鶴市、おおい町へ要請行動した件について連絡など。

なお、新聞報道されています。

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

夏から秋への安倍打倒闘争~11・3まで全行動紹介

当面の闘争日程(阪神センター掌握分)

毎週土曜日 13時 辺野古神戸行動 三宮マルイ  15時半 辺野古大阪行動JR大阪  

毎週金曜日 関電包囲行動 大阪本店前 など  毎週水曜日 慰安婦行動 大阪=ヨドバシ前原則 

毎週木曜日 市民の集い定例街頭宣伝行動 15時~16時半 三宮マルイ前   

改憲反対市民フォーラム 毎月第三日曜日 12時 JR大阪駅前 

824日(木) マルイ前行動 15時 

824日(木) 憲法問題懇談会 18時半 あすてっぷKOBE(「高速神戸」北4

824日(木) 真夏の血統:市民VS「共謀罪」 18時半 いたみホール大会議室(阪急「伊丹」北3分 講師:弘川欣絵弁護士 

825日(金) 関電包囲SPECIALDAY 19時 関西電力本店前(JR「福島」南10分、地下鉄「肥後橋」西5分) 

826日(土) 民進党代表選集会 10時半 ラッセホール(JR「元町」北7分)
前原・
枝野街頭演説会 1245分 元町大丸前 

826日(土) 原発立地から見た社会の潮目 13時半 神戸市教育会館(JR「元町」北へ8分) 報告:高橋一隆(毎日新聞記者) 

827日(日) 辺野古を止める「ひとり」になろう 14時半 PLP会館(JR「天満」南5分)報告:翁長久美子名護市議 講演:高作正博関西大教授 

827日(日) 小橋かおるアイスランド報告会 14時 こうべ街づくり会館(阪急「花隈」)

827日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 宝塚・大林寺(阪急「清荒神」北)

828日(月) 930中野晃一講演会実行委員会 18時半 神戸市勤労会館

831日(木) 311原発事故避難者を孤立させない! 関東の避難者の現状を聞いてみよう 11時 神戸市勤労会館  講演:瀬戸大作 主催:コープ自然派脱原発ネットワーク  

831日(木) 原発賠償関西訴訟 13時 大阪地裁1階正面付近集合(JR「北新地」東南10分 地下鉄「淀屋橋」北東7分)

831日(木) マルイ前行動 15時  

831日(木) 神戸新聞1万人意見広告成功に向けた実行委員会集会 18時半 神戸市勤労会館大ホール(JR「三ノ宮」東南4分) 

92日(土) 労働法制改悪反対連続学習会 『私たちの求める「働き方改革」』 18時半 神戸市勤労会館大ホール(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:西谷敏(大阪市立大名誉教授)

94日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東4分)

95日(火) 1111『標的の島 風かたか』上映実第2回実行委 18時半 トレピエ

95日(火) 木村草太講演会 18時半 丹波市・丹波の森公園ホール(JR「柏原」西5分)

96日(水) 大阪ロックアクション 

99日(土) 木村草太講演会 18時半 西宮勤労会館ホール(JR「西ノ宮」西南5
         阪神「西宮」東7分) 

99日(土) みずほ塾in関西 第1回「女性と政治」 13時半 クレオ大阪東ホール(JR「京橋」南口南へ10分) 講演:福島みずほ、谷口真由美 ◎300

910日(日) 第6期連続市民講座 第1回 反貧困 藤田孝典講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」西南5分 阪神「西宮」東7分)

911日(月) マイナンバー学習会 エルおおさか606 18時半 講師:黒田充 主催:共通番号制反対連絡会(服部崇博弁護士)

912日(火) 「社会と繋がってすてきな人になろう!」 10時 神戸市勤労会館 
講演:中野至(神戸学院大学教授) 主催:生活協同組合コープ自然派兵庫

912日(火) 尼崎共同行動月例会 18時半 小田公民館

916日(土) 14時 西宮勤労会館第8会議室(JR「西ノ宮」西南5分 阪神「西宮」東沖縄映画『標的の島 風かたか』西宮上映会 7分) 報告:山城博治

916日(土) 第三回 民主主義を救う経済政策とは何か? 経済政策の歴史と経済思想
18
時半 キャンパスプラザ京都(JR「京都」駅北西5分)
講師:山本太郎、松尾匡、朴勝俊

917日(日) 沖縄映画『標的の島 風かたか』神戸上映会  10時~ 13時半~ 神戸市勤労会館・多目的ホール(JR「三ノ宮」東南4分)

930日(土) 市民が変える!政治とくらし 中野晃一講演会 14時 兵庫県民会館(JR「元町」北5分) 講演:中野晃一上智大教授

930日(土) 連続市民講座② アスベスト 広がる健康被害と取るべき対策 14時 川西総合センター(阪急「川西能勢口」北7分) 講演:大島秀利(毎日新聞記者)

101日(日) なぜ、「原発で若狭の振興」は失敗したのか 13時半 神戸市勤労会館
講演:山崎敏隆(サヨナラ原発福井ネットワーク)

102日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東4分)

108日(日) 猪名川・藻川水辺まつり 9時~15時 雨天の時は9日に 

108日(土) みずほ塾in関西 第2回「森友問題から見る自治体議員と国会議員のがんばり」 13時半 PLP会館(JR「天満」南5分) 福島みずほ、木村真(豊中市議)

109日(日) 三里塚現地闘争

1014日(土) 目取真俊講演会 14時 神戸

1015日(日) 連続市民講座③ 地方議員に出来る事 14時 尼崎小田地区会館ホール(JR「尼崎」南4分)講師:木村真 

1021日(土) 戦争あかん!基地いらん!関西の集い 14時 エルシアター(地下鉄・京阪「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分) 講演:山城博治、斎藤貴男

1027日(金) 「骨格提言」の完全実施を求める1027大フォーラム 12時 東京・日比谷

1029日(日) 第7回さようなら原発1000人集会 13時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分 JR「伊丹」北西8分) 講談:神田香織(講談師) 講演:大島堅一(立命館大教授)

1029日(日) 反戦・反差別・反貧困 京都行動  円山野外音楽堂

113日(金) 憲法改悪反対!神戸新聞1万人意見広告掲載日

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年8月22日 (火)

10月トリプル補選 自民負け越し濃厚で“安倍降ろし”に号砲

10月トリプル補選 自民負け越し濃厚で“安倍降ろし”に号砲

             
  •          
  •          
         
 
    
         

 自民党内がザワつき始めた。脳卒中で入院していた自民党の長島忠美衆院議員が18日に急逝。これによって、衆院新潟5区の補欠選挙が10月10日告示、同22日投開票の青森4区、愛媛3区の両補選と同時に実施されることになったためだ。

 今年3月の自民党大会で、党総裁任期を「連続3期9年」に延長することが正式に決まってから初めての国政選挙は、与野党対決型の「トリプル補選」だ。いずれも自民党議員の死去に伴うもので、自民党内からは「ひとつも落とせない」という声が上がる。自民党の中堅議員が言う。

「青森と愛媛のダブル補選が決まった段階で、10月の補選が安倍総理の総裁3選を占う試金石になるとみられていました。都議選の惨敗に続き、国政選挙でも負ければ、一気に安倍降ろしが始まる。ただし、青森は勝てそうだといわれていて、1勝1敗なら、しばらく安倍総理のままで様子見が続くとの見立てもありました。しかし、トリプルになったことで状況は一変した。愛媛と新潟で2敗する可能性が濃厚なのです。補選で負け越せば、もう党内は持ちません」

 青森だって、どうなるか分からない。昨年の参院選でも、青森選挙区は野党統一候補が勝利した。

「世論調査の内閣支持率は、依然として不支持率の方が高い。しかも、不支持の理由は『首相を信用できない』が増え続けています。支持者から『安倍さんはダメだ』などと厳しい言葉を投げかけられるたび、次の選挙が不安になるとボヤいている自民党議員は少なくない。森友問題で『記録はない』と言い張って安倍首相を守った佐川理財局長が国税庁長官に昇進した論功行賞人事にも、有権者の批判が集まっています。安倍首相のままでは、とても選挙を戦えないというのが現場のホンネなのです」(政治ジャーナリストの山田厚俊氏)

■ポスト安倍をにらんだ派閥の“票読み”も

 石破元幹事長も19日のTBSの番組収録で、佐川長官が就任会見を開かないことを批判した。「地方で話を聞くと『税金を払いたくない』という人が出てきた」というのだ。

 多くの自民党議員が逆風を肌で感じている。来月召集される予定の臨時国会で森友・加計問題が再燃すれば、補選3敗もあり得る。そうなれば即、安倍降ろしだ。

「トリプル補選の負け越しを糊塗し、森友・加計の疑惑をリセットするために、10月22日に解散総選挙をぶつけてくる可能性も高まっています。ただ、その場合も安倍首相で選挙をやりたいと考えている自民党議員は少数派でしょう。大半は新しい選挙の顔で戦いたいと考えているはずです。くすぶっている森友・加計疑惑は首相自身が招いた問題なのに、国民への丁寧な説明を拒み、強引に幕引きしようとすれば、さすがに党内も『冗談じゃない』と騒ぎ出す。補選を待たずに安倍降ろしが始まってもおかしくありません」(山田厚俊氏)

 早くも水面下では、ポスト安倍首相をめぐる派閥の駆け引きが激しくなっているという。

「石破氏につくか、岸田氏につくか、派閥単位の票読みも始まった。世論調査で『次期首相にふさわしい政治家』のトップに石破氏が選ばれたことで、二階派と額賀派が石破氏につくんじゃないかといわれています。選挙の顔を選ぶわけだから、人気が高いことが第一条件です」(自民党関係者)

 “安倍1強”が続いてきたのも、選挙に勝てると思えばこそ。負けが見えれば、あっという間にお払い箱だ。補選までの2カ月間で何が起きてもおかしくない。

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

米海軍、全艦船の運用停止…相次ぐ重大事故~オスプレイも運行停止すべき

米海軍、全艦船の運用停止…相次ぐ重大事故受け

8/21(月) 22:01配信    

    

読売新聞

 【ワシントン=黒見周平、バンコク=大重真弓】シンガポール沖のマラッカ海峡で21日午前6時24分(日本時間)頃、米海軍のイージス駆逐艦ジョン・S・マケインがリベリア船籍のタンカーと衝突した。

 乗組員10人が行方不明となり、5人が負傷した。

 イージス艦の事故発生は2か月で2件目で、米海軍は相次ぐ重大事故を受け、艦船全ての運用を一時停止して安全点検を行い再発防止を徹底する方針だ。

 船体は左舷後方が損傷しており、第7艦隊の発表によると、乗組員の居室や機械室、通信室に浸水した。同艦は21日午後(同)、シンガポールの米海軍基地に到着した。

 シンガポールのリー・シェンロン首相は21日、フェイスブックに「負傷者5人のうち4人がシンガポール総合病院に搬送された」と書き込んだ。

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年8月21日 (月)

少し遅くなったが、7・30西宮「松本ヒロライブ」大成功の報告

 憲法を生かす阪神連絡会が中心となった実行委員会主催の「松元ヒロひとりライブ」が7月30日、西宮市の夙川公民館で開かれ、会場ほぼ一杯の約200人が参加。松本ヒロさんの熱演で笑いの途切れない熱気あふれる楽しい集会となった。
今回は「どうすれば参加できるの?」などリピーターの方たちからの問い合わせが多くあり、遠くは愛媛から車椅子の友人と一緒に車で参加した人もいた。夫婦や親子連れの姿が目立ったのも特徴的だった。
 ライブに先立ち、上原康夫弁護士の主催者あいさつに続き、市民から3つのアピールが行われた。川元志穂さん(あすわかの弁護士)からは「共謀罪法」廃止へ声を上げ続けようとの訴え、梶田百合子さん(ユニオンあしや)からは「パワハラによる解雇撤回」を求めた裁判闘争の報告、また、芦田憲子さん(高塚町の緑を守る会)からは、居住権や自然を守ろうと、乱開発に反対する地域住民運動の報告が行われた(現在裁判を準備中)。
  その後は、松元ヒロさんの熱のこもったライブ。軽妙な笑いを連発して、安倍政治の驕りを斬りまくった。また、永六輔や立川談志との交友も楽しく紹介し、最後に絵本にもなった一人芝居「憲法くん」を熱演。日本国憲法の理念とその大切さをたいへん分かりやすく訴え、安倍政権による改憲の危機から守ろうと呼びかけた。
(奥山篤)
写真:会場を埋めた参加者は松元ヒロさん(写真下)の熱演と笑いに引き込まれた=7月30日、夙川公民館

 少し遅くなった報告だが、7・30松元ヒロライブが大成功した。当ブロガーは、5・4いたみ、6・10芦屋と参加したのと、所要もあり参加しなかったが、会場はほぼ満員だったと聞いていた。実は7・30西宮、6・10芦屋が決っているのに、あとからさらにキャパシティの広いいたみホールのライブを5月4日に入れてしまい申し訳なかったのだが、いたみホールの成功を神戸新聞が報じてくれ、「次の公演はないのか」との問い合わせもあった。短期日のうちに、いたみホール(810人)、芦屋(240人)、西宮(200人)と「動員」してくれた松元ヒロさんに改めて感謝したい。

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

9月10日までの行動

824日(木) 真夏の血統:市民VS「共謀罪」 18時半 いたみホール大会議室(阪急「伊丹」北3分 講師:弘川欣絵弁護士

825日(金)  関電包囲SPECIALDAY 19時 関西電力本店前(JR「福島」南10分、地下鉄「肥後橋」西5分)

826日(土) 原発立地から見た社会の潮目 13時半 神戸市教育会館(JR「元町」北へ8
分) 報告:高橋一隆(毎日新聞記者)

827日(日) 辺野古を止める「ひとり」になろう 14時半 PLP会館(JR「天満」南5分)
報告:翁長久美子名護市議 講演:高作正博関西大教授

827日(日) 小橋かおるアイスランド報告会 14時 こうべ街づくり会館(阪急「花隈」)

827日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 宝塚・大林寺(阪急「清荒神」北)

828日(月) 930中野晃一講演会実行委員会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

831日(木) 311原発事故避難者を孤立させない! 関東の避難者の現状を聞いてみよう
11
時 神戸市勤労会館  講演:瀬戸大作 主催:コープ自然派脱原発ネットワーク 

831日(木)原発賠償関西訴訟 13時 大阪地裁1回正面付近集合(JR「北新地」東南10分 地下鉄「淀屋橋」北東7分)

831日(木) 神戸新聞1万人意見広告成功に向けた実行委員会集会 18時半 神戸市勤労会館大ホール(JR「三ノ宮」東南4分)

92日(土) 労働法制改悪反対連続学習会 『私たちの求める「働き方改革」』 18時半
    神戸市勤労会館大ホール(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:西谷敏(大阪
    市立大名誉教授)
Img012

◆               94日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東4分)

                ◆95日(火) 1111標的の島 風かたか』上映実第2回実行委 18時半 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

95日(火) 木村草太講演会 18時半 丹波市・丹波の森公園ホール(JR「柏原」西5分)

99日(土) 木村草太講演会 18時半 西宮勤労会館ホール(JR「西ノ宮」西南5分 阪神「西宮」東7分)

        99日(土) みずほ塾in関西 第1回「女性と政治」 13時半 クレオ大阪東大ホール(JR「京橋」南口南へ10分) 講演:福島みずほ、谷口真由美

        ◆910日(日) 第6期連続市民講座 第1回 反貧困 藤田孝典講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」西南5分 阪神「西宮」東7分)


☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

籠池夫妻への再逮捕は拷問だ

Photo  大阪地検は何を考えている! 刑事事件の容疑者を逮捕するには要件を満たさなければできないように刑事訴訟法で定められている。逮捕していいのは「犯罪を犯したことを十分疑うに足りる」に加えて「逃亡の恐れがある」「証拠隠滅の恐れがある」などの要件を満たした時だけだ。意外に厳しい要件を要求し、容疑を掛けられた人の人権に配慮するようになっている。籠池夫妻は明けっぴろげに発言し、色々な資料も自ら公開している。すでに家宅捜索で証拠となるものは押収しているし、逃亡の恐れなどない事は明白だ。
 なのに今日にも再逮捕すると言うのだ。先月下旬に国の補助金詐取の疑いで逮捕しておいて、獄中で屈しない姿勢を見せている籠池夫妻を今度は大阪府補助金詐取の疑いで再逮捕など、はっきり「司法の禁じ手」と言って良い。
 猛暑の中23日頑張った籠池夫妻に、左右の枠を超えてエールを送りたい。詐欺があるとするならば籠池夫妻=学園側だけでは不可能だ。その共犯ともいうべき佐川氏は国税局長に栄転させておいて明らかな不公平捜査だ。森友学園に多大の便宜を図り、その資料をさっさと破棄・隠滅した佐川は逮捕されて当然だ。
 さらに残暑が続くエアコンなしの大阪拘置所にまだ20日も閉じ込めるなど、生命の危機さえある「拷問」に他ならない。府の補助金詐欺と言うなら、これも共犯無しでは不可能な犯罪だから、松井大阪府知事や、中原・元教育長など大阪府にも強制捜査がなければならない。籠池夫妻の「犯罪」はあるだろうが、在宅起訴で十分だ。直ちに籠池夫妻を大阪地検は釈放せよ。
 こんな不公正・不公平な司法がまかり通る日本はアジアの他国の人権をうんぬんする資格などない!

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

2017年8月20日 (日)

櫻井周伊丹市議も、伊丹市の幼児教育に言及~中学より広い通園区に疑問

NEW!2017年08月20日(日)

テーマ:
   
    今週末に伊丹市幼児教育推進計画(案)が開催されましたので、参加してきました。もちろん、計画案については市議会議員として承知していますが、市民の皆様の反応を拝見させていただきました。
 
{91D9F17E-58E7-4EF5-B958-2AFA28E8D354}

     今回の計画案は、大規模なものであるにも拘らず、急に出てきたものです。もちろん、急に出てきたものであってもすべの市民の皆様にとって良い案であれば、ドンドン進めていけば良いと思います。
   しかし、大規模なものであれば、影響を受ける方が多く、かつプラスの影響もあればマイナスの影響もあります。プラスの影響は良いとしても、マイナスの影響は最小化するように努めなければなりません。
     特に、今回の計画案は、従来、議論されてきた公立幼稚園の統廃合だけでなく、保育所も巻き込んでの統廃合であります。待機児童問題とも相まって、問題が複雑になってます。これをときほぐしていくには、簡単ではないという印象を持ちました。
    基本的に政策には課題があって、それをどう解決するか、という対応関係にあります。公立幼稚園の定員割れ、公立保育所の園舎老朽化、待機児童問題などが絡み合っています。
    校区に相当するブロックが中学校区もよりも広域になるため、幼児に通園できるのかという問題提起もあります。私立幼稚園では通園バスがありますが、公立こども園では通園バスは計画されていません。移行期間に在園する児童の問題もあります。さらに保育所では送り迎えを含めて、兄弟姉妹を一緒にできるのかなどの心配の声もあります。
    私も市議会議員として個別にお話をさせていただきながら、幼児教育が本当に充実したものになるように努めます。

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

«「開発、発展、世界で1番」に未来はあるか(上) 神戸市に見る 開発行政の行き詰まり~

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ